ブラック企業からホワイト企業へ転職したい!!どうやったらできる?

ブラック企業からホワイト企業へ 転職・ビジネス

ブラック企業で働いていて思考停止してます。

なんとかホワイト企業へ転職を成功させたい!

転職で注意しなくてはいけないことを教えてください。

 

こういった悩みにお答えします。

こんにちは。ジタン(@Imry222)と申します。

10年間勤務したブラック企業から転職することができました。

今回は、ホワイト企業に転職するコツを解説していきます。

 

 

ジタン プロフィール

 

「がんばってブラック企業で働いて何が楽しいの?」

 

そう昔の自分に言いたい。

 

転職してホワイトな環境の仕事場で働いてみると感じることがあります。

 

『仕事これだけでいいのかな・・』

『もう帰っていいのか・・』

『自分の時間がめっちゃ増えたな』

 

転職直後はこんな感じです。

 

それでいいんです!!
何も自分の身を削って苦しまなくていいのです。

 

働き方次第で、新たな自分も見つけられます。
今は転職が当たり前の時代。

 

ぜひ一歩、進んでみてください。

 

とはいえ、転職にも注意点があります。

 

転職に失敗してしまっては、また同じような生活の繰り返しとなってしまいます。

 

今回は、ブラック企業からホワイト企業へ転職する際の注意点を紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

ブラック企業とホワイト企業の違いとは?

ブラック企業からの転職で注意すべき点

ブラック企業の定義はありませんが、ブラック企業について厚生労働省は下記のように述べています。
あなたの会社はどうでしょうか?

 

厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、一般的な特徴として、① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す、② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い、③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う、などと言われています。
※厚生労働省

 

少しでも当てはまっていればブラック企業の可能性は高いです。

そんな企業はすぐに辞めたほうがいいです。

 

私も転職して気づきました。

我慢して働く意味がないことに・・

 

我慢して働くデメリットはこちらにまとめています

 

とはいえ、そもそも【ホワイト企業】ってどんな企業?

 

コレといった定義はありませんが、ホワイト企業に転職して分かるブラック企業との違いをまず解説していいます。

 

1. 給料について

まずは【給料について】の違い。

 

ブラック企業は“基本給”が低く設定してある場合が多いです。

 

例えば月給25万円の場合

ブラック企業
基本給17万円+業務手当3万円+みなし残業5万円

ホワイト企業
基本給23万円+業務手当2万円
※残業代は5分からプラスで支給

 

基本給を低くするブラック企業の狙い

→賞与を低くするため
ほとんどの企業は賞与1か月分など基本給を元に概算を出します。
その場合、『賞与1か月分』と同じ記載で6万円の差が出ますよね。

 

ブラック企業はやり方が汚いですよね。

 

残業代に関しても同様です。

みなし残業制度をとっている企業には要注意ですよ。

ホワイト企業は5分毎に残業代が出ますんで。

 

2. 労働時間について

労働時間について】もブラック企業とホワイト企業には大きな差がでます。

 

ブラック企業時代の私
→朝8時出勤~終電で帰宅
※もちろんサービス残業

ホワイト企業の私
→朝8時30分出勤→定時18時に退勤
※たまに1時間ほどの残業あり

 

ホワイト企業に転職して本当にビックリしました。

18時になると周りの人たちがどんどん退勤。

逆に残業している人が恥ずかしいという環境です。

最高ですよね。

 

帰宅してもまだ19時・・

子供と一緒にお風呂に入れるようになりました。

 

3. 休み・福利厚生について

社内制度として【休み・福利厚生】にも大きな違いがあります。

 

ブラック企業の場合
→周りに気を遣って有給が取りづらい

ホワイト企業の場合
→規定の有給日数は必ず消化する

 

ブラック企業だった時は、むしろ有給という概念がなかったかもしれませんね。休日は年間96日。ちなみにホワイト企業の今は115日+有給です。

 

【福利厚生】も同様です。

 

ブラック企業の場合
→特になし。制服代20%OFFぐらい

ホワイト企業
→住宅手当、家賃補助、誕生日手当など

 

ホワイト企業だといろんな福利厚生が付きますよ。

 

ちなみにいまの会社は子供の誕生日手当がついてます。

 

4. 上司について

ブラック企業かホワイト企業かどうかは上司の人柄でも大きく左右されます。

セクハラ・パワハラももちろんですが、上司が仕事熱心過ぎて残業の鬼だったり・・

昭和の考えで、根性論とか言い出してきたら終了~です。

 

ブラック企業の場合
→根性論、罵声を浴びせる上司

ホワイト企業の場合
→効率よく仕事をして定時で帰宅。
部下に無理なノルマも課さない

 

いい上司に巡り合いたいものです。

 

5. 教育について

教育について】も大きな差が生じます。

求人では「丁寧なOJTで教育していきます」みたいな記載がありますが、実際は「見て真似ろ!」なんてこともあります。

いきなり現場に出されるなんてことザラ・・

何をすればいいのか分からず、ストレスをため込むことになります。

 

逆にホワイト企業はしっかりした研修、育成プログラムがあるので、時間をかけて教育システムになっているところが多いです。

ですので、心に余裕をもった状態で研修を受けることができます。

 

ブラック企業の場合
→いきなり現場に放り込まれ何をすればいいのか分からない

ホワイト企業の場合
→しっかりとした研修、育成プログラムが確立されている

 

6. 社員への信頼について

ブラック企業の場合、基本的に社員を信頼していません。

営業車や社用携帯にGPSをつけ、どこにいるのか把握しようとしたりします。

また日報を毎日提出するなんてこともあります。

 

社員を信頼できないのであれば、社員も会社を信頼しませんよね?

ホワイト企業であれば社員を信頼しているので、自由に働くことができますよ。

 

いまは営業をしていますが、スケジュール管理は自由です。

自分の働きやすいようにしてもらっています。

逆にその分しっかり結果を出そうとやる気も出ました!

 

 

ブラック企業からホワイト企業に転職して、人生が180度変わりました。

仕事のストレスも軽減され、プライベートの時間も有意義に過ごせるようになりました。

我慢しないで、転職をしたほうが身のためだと実感しましたね。

 

ホワイト企業に転職するために必要な3つのこと

ホワイト企業に転職するために必要な3つのこと

それでは、ホワイト企業への転職を成功させるにはどうすればいいのか?

 

「求人サイトから良さそうで受かりそうな企業へ片っ端から応募していく」感じですかね。

 

 

そんな方法は絶対にNGです。

間違いなく転職先も希望に合わず、転職の繰り返しの人生になります。

 

ホワイト企業への転職を成功させるには最低限3つの必須行動があります。

 

1.転職エージェントを利用する
2.改善したい軸を明確にする
3.雇用契約書の確認をする

 

ひとつずつ解説していきますね。

 

1. 転職エージェントを利用する

【転職エージェント】に嫌悪感をもっている方は多いのですが、ぶっちゃけ「もったいない・・」

・営業されそう
・無理に転職させられそう
・指示されるのが嫌だ

みたいな考えがあると思います。

 

もちろん転職エージェントとの相性があり、合わない転職エージェントも存在します。

 

・「これから転職しようかな・・

・「いまの仕事辛いけど転職した方がいいのか?

 

こんな時に転職エージェントに相談すれば、たしかに営業されることもあります。

 

ですが、すでに「転職する!」と決めているのであれば、転職のプロともいえるエージェントの力を借りない手はないです。

 

転職エージェントを利用すべき理由

・業界・企業についての情報がある

・自分で求人を探す手間を省ける

・転職ノウハウがあり効率よく進められる

・推薦状があり、書類選考が通りやすい

・どの企業がブラック企業が知っている

・内定後の給与交渉、アフターフォローがある

 

ざっとこれだけのメリットがあり、しかも無料で利用できます。

 

ブラック企業で働いていると精神的にも参ってしまっていると思います。

私もそうでした。

精神的に参ってしまうと正しい判断が出来なくなってしまうものです。

一人だけで転職活動を進めるのはおすすめできません。

 

 

✅ 一人で転職活動を進めた場合

転職

 

まずは、利用者No.1のリクルートエージェントに登録をおすすめします。

もちろん相性などもありますので、その他転職エージェント選びはこちらを参考にしてみてください。

転職エージェントと転職サイトは複数登録することをおすすめします。
※多すぎても分からなくなりますので、2~3社程度が効率的よくなります。

 

2. 改善したい軸を明確にする

次に「いま改善したい軸を明確する」ことです。

いい換えれば転職する理由を明確にして絶対にブレないこと。

 

・収入を上げたい
・休みを増やしたい
・違う業種にチャレンジしたい
・職場を近くにしたい・・など
 
この軸がブレてしまうと結局また同じようなブラック企業に転職してしまう恐れがあります。

なかなか内定をもらえずにいると早く転職をしたいという思いから妥協が出てきます。

ここだけは絶対に妥協できないという軸を持つようしていくこと。これが大事です。

 

もしあなたがいま、今後やりたい仕事がない分からないという場合は【ポジウィルキャリア】無料カウンセリング に相談してみてください。

今後のキャリアプランに関する悩みは転職エージェントより確実に有益です。

詳しいサービス概要はこちらを参考にしてください

 

3. 雇用契約書の確認

転職活動が慣れ、徐々に内定をもらえる企業も出てきます。

 

そこで注意して頂きたいのが『雇用契約書の確認』です。

 

内定をもらった際に、メールでのやり取り、または電話だけでのやり取りだけではなく、必ず『雇用契約書』をもらうようにしてください。

 

給与、休日、勤務時間など面接時と違う場合もあります。

 

・自分の希望にしっかり当てはまっているかどうか

・労働時間、基本給、残業手当

・福利厚生

 

内定をもらったからといってすぐに承諾するのではなく、必ず『雇用契約書』を確認してください。

もし雇用契約書を出せないと言われた場合はブラック企業だと疑ってください。

 

その他面接時でのブラック企業の見分け方はこちら参考にしてください

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

ブラック企業からの転職したい気持ちは痛いほどよく分かります。

ですが、いったん、冷静になって考えることが必要です。

 

やみくもに転職してもまたブラック企業に転職をしてしまいます。

 

ただ、ブラック企業への転職を防ぐコツがあります。

 

ぜひ今回紹介した最低限の3つのことを実践して頂きホワイト企業への転職を成功させてください。

 

1.転職エージェントを利用する
2.改善したい軸を明確にする
3.雇用契約書の確認

 

それでは今回はこれで失礼します。

 

転職のおおまかな流れについてはコチラを参考にしてください。

大体の流れをつかむことができ、あなたがこれからすべき行動が分かります。

【チェックリスト付き】転職初心者向けの完全マニュアル!!
これから転職をしようと思っている人、転職しようか悩んでいるひと必見!本記事では、転職活動の流れ【全貌】を解説しています。ぜひ参考にしてみてください

>>【チェックリスト付き】転職初心者向けの完全マニュアル

 

↓あなたの市場価値が分かります↓
無料診断『ミイダス』

職務適正、パーソナリティの特徴、あなたの市場価値が無料で診断できます。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

転職・ビジネス
プロフィール
ジタン

10年間働いた残業地獄の接客業からホワイトな営業職へ転職した30代、2児のサラリーマン。
収入も休日もアップし転職で人生を大きく変えることに成功
年収200万円以上アップ │休日年間30日プラス│残業90時間削減 
この経験を活かして、転職・収入アップについて発信しています。
少しでも参考になって頂ければ幸いです!

ジタンをフォローする
ジタンをフォローする
Live happily
タイトルとURLをコピーしました