子供の夜泣きについて~《パパの心情編》~

子育て・暮らし
悩んでいる人
悩んでいる人

子供の夜泣きがすごくて困っています。

でもパパだと余計に泣いてしまい・・・(泣)

妻も大変なので手伝いたいが何もできません。

仕事もあるし・・

もう妻にまかせっきりでいいでしょうか・・?

 

いまりゆ
いまりゆ

ぜぇったいダメです!!!!

すみません。つい(笑)

こんにちは。いまりゆです。

子供の夜泣きは本当に大変ですよね。

パパの気持ちも分かります。

代わってあげたいのですが実際代わってみると余計に泣かれてしまったり(笑)

今回は、私が子供の夜泣きと戦った経験を勝手に記事にしてみました。

こうゆうこともあるんだ程度に軽い気持ちで見て頂ければと思います。

 

 

1. 子供の夜泣きのメカニズム・・わかりません!

子供の夜泣きに関しては、いまだコレ!といった原因は解明されていません。

私自身も専門家ではありませんでの、当時は子供のかかりつけだった病院の先生、両親、友人などに相談しまくりました。
※長女は1300グラムの低体重児だったので、毎月検診で病院に通っていました。

結果、考えられる理由は以下の通りです。

 

① なにかしらのアピールか?

『おなかがすいたぁ』、『抱っこして』、『暑いよ!』、『寒いよ!』、『おむつ替えくれー!』

などといったアピールが考えられます。

 

子供は泣くことでしか伝えられませんもんね(笑)

『暑いからエアコン入れてくれー』など言ってくれれば楽ですが・・

子供は話すことができません。

泣いてアピールしてくれています。

ただ正直何が正解か分かりません。

ですので、考えられる子供の要求に応えるで上げるようにしました。

 

とりあえずおむつチェック。

それから汗をかいていないか、または冬の場合は寒くないか。

それでだめなら抱っこするという流れを作っていました。

それでも泣き止まない場合も多々ありました(^-^;

 

② さては眠くないな?
子供が眠くない場合もあります。

お昼寝のし過ぎ、朝遅くまで寝てしまったなど要因はそれぞれですが、子供も大人と同じように体内リズムがあります。
※生後3.4か月で身に付くと言われています。

 

また、寝る前に興奮させてしまうことがあると眠りが浅くなり、寝れなくて泣いてしまうこともあるようです。

 

パパが仕事から帰ってきて子供と遅い時間に遊びたい気持ち、分かります!!

ですが、子供をパパ、キターッ!!って興奮させてしまうと寝つきが悪くなってしまう可能性も・・

ほどほどにしたほうがよさそうですね(笑)

 

また対処法として寝る時間の1時間前から少し明かりを暗くしておくといいとのこと。

寝る時間だよ!ということを身につけるために行います。

 

生活リズムを整えてあげる

 

・同じ時間に起きるようにする

・同じ時間にご飯をあげる

・同じ時間にお風呂にはいる

・同じ時間に寝る

 

なかなか難しいですよね(笑)

ですが、生活リズムが悪ければ大人と同じように体調がすぐれない、ダルいなどといった症状がでます。

 

飲み会でつい二次会まで行ってしまうと次の日ダルいですよね。

次の日が休みなら昼間で寝て、逆に今度は夜寝れないといった経験はありませんか?

 

子供も同じです。

生活のリズムを作ってあげる、大事なことですね。

 

③ 昼間の体験が影響

子供は昼間に起きた出来事を夜寝ている間に脳で復習(整理)をしています。

これって本当にスゴイですよね?

成長が速いわけです(笑)

 

この復習する作業によって不快と感じることがあれば夜泣きをすると言われています。

 

担当の先生曰く、成長の証です。とのことでした。

 

少し怖い体験をしたときは夜泣きする可能性があるということです。

 

2. 子供の夜泣き対処法は《車》です(経験談)

さて、本題の対処法ですが、どうしていますか?

 

私の場合はパパの抱っこではなかなか泣きやみませんでした。

 

上記でも記載したように、なにかしらのアピールの場合は、正直簡単です。

 

おむつ替え、体温調整、抱っこ

 

それでもダメだぁとなった場合はパパの出番です。

待ってました!と言わんばかりに車のチャイルドシートにセット。

パパとのドライブの始まりです。

 

① 車に乗せてドライブ

私の子供の場合は10分ほど車で走るとすぐに寝落ちしていました。

 

座り心地がいいのか、それとも少し揺れる車の振動がいいのかは分かりませんが、最終手段としてよくドライブに行っていました。

 

また後述しますが、子供とママを離すという意味でもドライブをしていました。

 

ママは1日中子供と一緒にいます。

 

朝も昼も夜も寝ているときもずっと一緒です。

 

それも毎日です。

 

疲れ切っていて当然です。

 

少しでもいいから休んでもらうためにもドライブ、パパの出番です。

 

② 軽い散歩をする

もうひとつの手段としては軽い散歩です。

 

冬はもちろん寒いのでやりませんが、季節によって散歩をよくしました。

 

私の仕事が休みの時、家族で買い物などで外に行く場合は、ベビーカーなどをなるべく使わず私が抱っこをするようにしていました。

理由としては、当時の仕事は夜の帰りが11時近くになり、子供と一緒に遊ぶ時間が作れませんでした。

ですので、休みの時はパパだよ!と分かってもらえるようになるべくスキンシップをとることを意識していました。

実際、分かってくれたかはどうかは分かりませんが(笑)

 

私が抱っこして買い物など歩いていると子供はすぐに寝ていることに気づきました。

 

歩く振動が気持ちいいのか、私のふっくらとした脂肪が気持ちいいのかは分かりません。

ですが、本当によく寝ていたので、夜泣きの時もただ家の中で抱っこするだけではダメでしたが、外に出て抱っこして歩くと5分ぐらいで落ちていました。

 

風にあたるのが気持ちよかったのでしょうか?

 

正直なぜかはわかりません。

 

ですが、子供それぞれ違いますが、その子が落ち着くポジションというのがあるのでしょう。

 

よく家の近所を散歩していました。

 

3. 子供の夜泣きとうまく付き合うにはパパの力も必要です

結論から言いますと子供の夜泣きとうまく付き合うには1人では無理です。

 

夜泣きの時にママの抱っこや授乳は最強です。

 

子供もママから産まれ、ママが一番です。

 

正直勝てません・・(泣)

 

ですが、パパの力も負けていません!!

 

ママを助けることができます!

 

授乳が終わればパパだって寝かすことはできます。

 

私はドライブ、散歩という手を使いました。

 

その2つの手は、『子供を寝かしつける』ということと、『ママを助ける』という2つの意味があります!

 

ママは1日中子供と一緒です。

 

それは本当にしんどいことです。

 

別に子供が嫌いなわけじゃありません。

 

ですが、私の仕事が早番でたまに早く帰ってくると本当に助かったという表情を今でも覚えています。

 

お風呂に入れる、日中のおむつ替えだけでもだいぶ楽になると言っていました。

 

夜泣きもそうです。

 

全てママに任せっきりになってしまえばママはいつ寝るのでしょうか?

 

昼間は子供が起きているので長い時間は目を離せません。

 

ご飯も作らなければいけません。

 

家事もしなければいけません。

 

休む時間がないのです。

 

そうなると夜はパパの力が必要です!

 

また夜泣きにはいずれ終わりがきます。

 

私自身も仕事続きで疲れているときに夜泣きと付き合いました。

 

また疲れているときに限って泣き出すんですよね・・(笑)

 

もちろんイラッと来たときもありました。

 

ですが、子供が大きくなってしまうと夜泣きもなくなるし、あとで後悔しないようにと必死でした。

 

このかけがえのない時間をなんとか前向きに考えて楽しく過ごしたいと考えるようにしていました。

 

夜泣きはいずれ終わりがきます。

 

今では夫婦また、子供と当時の時のことを笑って話せています。

 

私もがんばってよかったなと思っています。

 

4. まとめ

 

子供の夜泣きは不思議です。

 

まったく夜泣きをしない子もいます。

 

ちなみ次女は全く夜泣きをしませんでした。

 

2人目だったので、慣れもあったのでしょうか?

 

少し泣いてもやり方を知っているので慌てずに対応できていました。

 

親の心配が子供にも伝わるよとよく両親には言われていました。

 

ですが、初めての子供の場合は親もテンパってしまいますよね(^-^;

 

話がそれてしまいましたが、パパの力は絶大です!!

 

夜泣きで苦しんでいる子供とママも助けることができます!!

 

子供、ママが助けを待っています!!

スーパーヒーローになれるチャンスです!!

 

もちろんその子によって対処法は違います。

 

〇 よく言われている夜泣きの対処法

・音楽を聞かせる

・背中をさすってあげる

・ベビーマッサージ

・逆に起こして少し遊んでみる

・見守る

・服の肌触りを気にするので裸にしてみる

 

自分の子どもに合った対処法を見つけることが大事です。

試行錯誤が必要ですが、パパの力を発揮してなんとか乗り切って頂ければと思います。

 

子育て・暮らし
スポンサーリンク
プロフィール
imry_222(いまりゆ)

群馬県出身/現在は神奈川県在住/2児の父/スポーツ大好き
10年間スポーツショップに勤務▶不動産賃貸営業マンに転職▶子供たちとの時間を増やすために定時帰宅の小学生を対象としたスクール事業に転職。
現在は新規事業立ち上げとマネジメント事業を兼用しています。
30代からWEB知識ゼロでブログを開始(^^)
いままでの経験してきた『転職』『引っ越し』『ブログ』『子育て』に関して発信中です。少しでもお役に立てればうれしいです!

imry_222(いまりゆ)をフォローする
imry_222(いまりゆ)をフォローする
Live happily

コメント

タイトルとURLをコピーしました