~子供の習い事~《野球》はどうなの?メリット・デメリットなどをまとめました

子育て・暮らし

子供に野球を習われせるのは子供にとっていいのだろうか・・?

保護者の負担はやはり大きいのだろうか・・?

 

月謝はどのくらいかかるのでしょうか・・?

洗濯物などもやっぱり大変なのかしら・・?

 

こういった疑問にお答えします。

 

20~30年前は子供の習い事スポーツ、不動の1位だった《野球》ですが、
現在では第3位と正直人気は下降ぎみ(^-^;

 

■子供に習わせたい最新ランキング

1位 水泳

2位 サッカー・フットサル

3位 野球・ソフトボール

4位 空手・格闘技

5位 体操教室・運動

6位 ダンス

7位 テニス

8位 バスケットボール

9位 スキー・スノーボード

10位 陸上・マラソン

※ベネッセ教育総合研究所参照

ですが、いまだに根強い野球ファンの方はもちろん多くいます。

 

また私も含め、親世代の方が少年野球を習っていて子供に習わてたいという方も多いと思います。

 

また経験はないが、周りの友達などから勧められて野球を習わせようか悩んでいる方も多いと思います。

 

メリット・デメリットなどをまとめてみましたので、そんな方はぜひ参考にしてみてください。

 

1. 野球を習うことのメリットは?

 

野球を習うことには”楽しい”ということ以外にももちろんメリットがあります。

 

1-1. 友達の範囲が広がる

野球は9人でプレーするだけのスポーツと思っていませんか・・?

 

もちろん違います。

 

少年野球チームには1年生~6年生まで在籍しています。

※地域によって違います。
小学生4年以下チーム、小学生5年生以上チームに分けている場合もございます。

 

例え、各学年に5人だけ在籍していたとしても30人のチームになります。
違う学年の子とも交流をとることができ、また自治体などによれば違う学校の子も同じチームに在籍するなどもあります。

 

いろいろな子と交流を深めることができ、社会性を学ぶことができます。

 

また勝った時の喜びを仲間と一緒に味わうことができるのも一生の思い出になります。

 

1-2. 社会性、コミュニケーション力を学べる

上記でも少しふれましたが、野球というスポーツはチームプレー、チームワークが大事な団体スポーツです。

 

野球は一人でできるスポーツではありません。
チームメイトがいて、また対戦相手もチームになります。

 

ですので、自分勝手に好きなことばかりではやっていてはチームで勝利をつかむことはできないのです。

自然とコミュニケーション、会話が増えていき、知らないうちに社会性が身についていきます。

 

また試合となると、ベンチからチームメイトを応援するというの普通です。
※歌のような応援をします(笑)

 

親同士もコミュニティの輪が広がります。
地域の少年団チームが多いので地域コミュニティの活性化にもつながりますね(笑)

 

1-3. あいさつ・礼儀を見つけることができる

野球というスポーツは礼儀を大事にすることが昔からの風習のようです。

 

高校まで野球をしていた方だとわかると思うのですが、あいさつ・礼儀はものすごく指導されます。
もちろん所属する少年野球チームによりますが、あいさつ・礼儀は他のスポーツよりはしっかり指導されると思います。

 

個人的な感想になってしまいますが、野球をやっていてよかったと思うことのひとつとして、目上の方への礼儀を学べたことかなと思います。

 

中学に入っても野球部に入りましたが、上下関係があった中学校だったので、少年野球の時代の経験が役に立ったと思っています。

 

また基本的な『おはようございます』『こんにちは』『ありがとうございます』が自然と言えるようになりました。

 

多くの少年野球チームの指導方針として礼儀を第一にしてるところは多いですね。

 

1-4. 運動能力があがる

やはり野球といってもキャッチボールなどボール使った練習だけではなく、走ったり、跳んだりなどの練習もあります。
基礎体力もあがり、もちろん運動能力もあがりますね(笑)

 

ちなみ私の通っていた少年野球チームは、冬の時期にはチーム対抗の駅伝大会などもありました。
そのために走り込みなどしたを今でも覚えています(笑)

 

学校でもスターになれます(笑)?
言い過ぎですね・・(^-^;

 

でもやっぱり小学校の時に目立つ子ってやっぱり、何かスポーツを習っている子が多いですよね。

 

2. 野球を習うことのデメリットは?

上記では、メリットをお話してきましたが、もちろんデメリットもあります。

デメリットも視野に入れつつ考えてください。

 

2-1. 親の負担が大き過ぎる

野球をならうことは親にとってももちろん相当な負担は覚悟しないといけません。

 

その他のスポーツ(水泳、体操)などに比べると格段と大きくなります。

 

やはり拘束時間が何と言っても長い。

水泳、体操クラブなどは長くても2時間ほどに比べ、野球は午前中すべて、または1日練習などと拘束時間は長くなります。

 

その場合はお弁当を作るのは当然のこと、練習を1日見ているなんてことはザラにあります。
もちろん練習は土日をメインにしていますが、、試合などがあれば遠征するために車を出したりなどもしなければなりません。

 

その他、洗濯物が大変だと思います。
野球というスポーツは、自らスライディングなどをして、練習着を汚してきます。
また靴下の汚れはハンパないと思います。(^-^;
もちろん洗濯機だけでは落ちる汚れではないので、手洗いをしているお母さんたちは多いと思います。

 

もし野球を習わせる場合は親もそれなりの覚悟・準備が必要になります(汗)

 

2-2. ケガのリスクがある

どのスポーツもケガはつきものと言われていますが、もちろん野球にもケガのリスクはあります。

 

・スライディングなどによる擦り傷
・デッドボールなどによる打撲
・走ることによる捻挫
・ボールの投げすぎによる野球肘
(etc)

 

あげればきりがありませんが、ケガはやはり多いのが正直なところです。

 

私自身もボールの投げすぎで野球肘になり、そのまま中学→高校といったので、最終的には手術をしました。

 

3か月ほどボールを投げるのは禁止という期間もありました。

 

また周りには自分で打った打球が目にあたり、1週間、目が開かなくなるほど腫れてしまった子やスパイクで手を踏まれてしまい、指を骨折してしまったということもありました。

 

スポーツをやるにはケガのリスクも考える必要もありますね。

 

2-3. 道具をそろえる費用がかかる

野球に習うにはまず道具をそろえなくてはなりません。

まとめてみました↓↓

■ 野球の必要道具

・グローブ(5,000~15,000円)

・スパイク(5,000~10,000円)

・バット(5,000~15,000円)

・ボール(200~400円)※1球

・練習着上下(5,000円)※1着
※練習着ではなく、体操着でもOKというチームもあります

・アンダーシャツ(1,000~2,000円)

・チームユニフォーム(8,000円~15,000円)

・ソックス(1,000円)3足組

・ストッキング止め(500円~1,000円)

・ベルト(1,000円~1,500円)

・帽子(1,000~2,000円)

ざっとこんな感じですね・・(笑)

 

結構かかりますよね・・

 

もし子供が野球をやりたいといった場合はまず体験などで参加させることが重要です。

 

これだけ揃えてすぐにやめますだと正直厳しいですよね。

 

まず1か月ほど体験してみて習わせるかどうか考えてみてもいいかと思います。

 

【まとめ】野球を始めるのに必要な道具はコレ!
これから子供に野球を習わせるけど何を揃えればいいか分からない・・ 野球は揃える道具が多いですよね。そういった方に詳しく紹介しています。 ぜひ参考にしてみてください!

 

3. 野球を習う際の月会費はどのくらい?

 

各自治体や少年野球チームによって違います。

 

地域スポーツで行っているところでは1,500~3,000円ほどです。
また専門のコーチをつけているクラブは5,000~7,000円ほどになります。

 

またチームによっては入会金5,000円などがつく場合もあります。

 

その他遠征の際の交通費、ガソリン代などもかかってきます。

 

お子様の通いたいという気持ち、やる気、またそのチームの指導方針などもありますので、ご家庭の考えに合うチームを選ぶことをオススメします。

 

楽しく野球をやりたいのに、本格的な厳しい練習が多いチームに入ってしまうとお子様のやる気もすぐになくなってしまいます。

 

しっかりとしたチーム選びをするようにしてください。

 

4. まとめ

野球を習うことのメリットはチームスポーツなので、社会性、コミュニーケーション力が身に付きます。

 

また子供同士だけではなく、親同士のコミュニティの輪も広がります。

 

地域でやっている少年野球チームが多いので、地域の活性化にもつながると思います。
またあいさつ・礼儀なども指導してくれる場合が多いので、将来を見据えて習わせるのもいいかと思います。

デメリットとしては、何と言っても親の負担です。
土日仕事のご家庭ですと正直なかなか難しいかと思います。

 

その場合は専門のコーチが指導してくれるクラブに入部させる方がいいですね。

 

子供がやりたいということをやらせてあげたいという気持ちが大きいと思いますが、いったん止まって、メリット・デメリットをしっかり把握して検討して頂ければと思います。

それではこれで・・・

子育て・暮らし
スポンサーリンク
プロフィール
imry_222(いまりゆ)

群馬県出身/現在は神奈川県在住/2児の父/スポーツ大好き
10年間スポーツショップに勤務▶不動産賃貸営業マンに転職▶子供たちとの時間を増やすために定時帰宅の小学生を対象としたスクール事業に転職。
現在は新規事業立ち上げとマネジメント事業を兼用しています。
30代からWEB知識ゼロでブログを開始(^^)
いままでの経験してきた『転職』『引っ越し』『ブログ』『子育て』に関して発信中です。少しでもお役に立てればうれしいです!

imry_222(いまりゆ)をフォローする
imry_222(いまりゆ)をフォローする
Live happily

コメント

タイトルとURLをコピーしました