一人暮らしの光熱費はいくら?月1万円以内に抑える方法!

引っ越し・賃貸
悩んでいる人
悩んでいる人

一人暮らしを考えています。

一人暮らしの場合、光熱費ってどのくらいですか?

節約法などもあれば教えてください!

 

いまりゆ
いまりゆ

こういった疑問にお答えします。

こんにちは。いまりゆです。

私は以前、賃貸不動産会社で営業マンとして働いていました。

その時によくこういった質問を受けていましたので、記事にしたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

今、実家に住んでいる方・・

 

毎月光熱費っていくらかかっているかご存じでしょうか?

 

大体の方は親の口座から毎月引き落としで、金額など把握していないと思います。

 

私もそうでした(笑)

 

ですが、これから一人暮らしをするにあたって、光熱費の支払いも必要となってきます。

 

一人暮らしを始める前に、おおよその費用を確認し、それから、借りる部屋の家賃などの参考にしてもらえればと思います。

 

〇 本記事のオススメなひと

・これから一人暮らしを考えているひと

・光熱費を節約したいと考えているひと

 

 

1. 1か月の光熱費はどのくらい?

1か月の光熱費はどのくらい?

 

光熱費は毎月必ずかかってくる費用になります。

 

ですので、家賃を決める前に1か月にかかる光熱費を理解しすることが重要です。

 

光熱費が払えなければ、生活ができなくなってしまいます。

 

〇 電気代の平均は4,000円

電気代は季節によって使用料は変動します。

 

夏は暑いのでエアコンを使いますし、冬もエアコンを使いますよね。

 

また日中家にいる時間によっても変動します。

 

部屋の中で一番費用がかかるのが、エアコンですので、使用が少なければもちろんその分料金を減らすこともできます。

 

季節でいうと冬が一番電気代が高くなる傾向があります。

 

エアコン使用で部屋を暖めるのに電気代が一番消費されます。

 

1,000円~2,000円ほど差が出る場合もありますので、注意してください。

※参考資料:総務省統計局

 

いまりゆ
いまりゆ

ちなみに私の場合は3,000円ほどに抑えられていました。ほぼ日中は家にいなかったので、安く済みました(笑)

 

 

2016年4月より『電力の自由化』が始まりました。

この『電力の自由化』により地域の大手電力会社の独占がなくなり、より自分に合ったプランを選ぶことができるようになりました。

 

 

〇 ガス代の平均は3,500円
ガス代は料理をする際、またお風呂に入るひとは湯船をためるときに発生します。
あまりお風呂に入らないひとは節約でいますね(笑)

 

学生さんなどはシャワーだけで済ましがちなひとが多いと思いますので、節約は可能です。

 

毎日お風呂に入ると5,000円~7,000円ほどいく場合もあります(笑)

※参考資料:総務省統計局

ガスにはプロパンガスと都市ガスの2種類あります。

どちらの方がいいのでしょうか?

 

プロパンガスと都市ガスは何が違うのでしょうか?

 

細かくいってしまえば、ガスの成分も違います。

 

ですが、成分の違いを知っても特に意味がないと思いますので、費用の違いだけ説明します。

 

〇 プロパンガス

料金は《自由料金》となっています。

特にコレといった規定がなく、会社によって金額が変わります。

会社の仕入れ価格、その他人件費などを考慮して利益が出るように設定されています。

※アパート、マンションなどの部屋を借りる場合は大体決まった会社での契約となります。部屋を契約する前にガス会社を確認し、1か月のおおまかな費用を把握しておきことをオススメします。

プロパンガスの会社を変更したい場合はオーナーさんに相談が必要なりますので、ご注意ください。

 

〇 都市ガス

2017年までは政府が決めた《規定料金》でした。

ですが、今は自由化になったため、都市ガスに関しても《自由料金》となっています。

しかし、都市ガスは《自由料金》によってお得なプランなどをだせるようになり、プロパンガスよりも価格が安いのが特徴です。

使用量にもよりますが、一人暮らしの場合は1,000円~2000円ほど差が出る場合もあります。

家族での使用になれば半額くらいになる場合もあります。

 

 

〇 水道代の平均は2,500円
水道代の平均は2,500円となっていますが、私自身は正直そこまで掛かりませんでした。

 

一番使用するのはお風呂をためることになりますが、私自身はシャワーで済ます派ですので、2,000円もいかなかったですね(笑)

 

水道代に関しては、2か月に1回の支払いになりますので、注意してください
 
 

2. 光熱費の節約法は?

光熱費の節約法は?

 

ここからは光熱費の節約法についてまとめていきます。

 

光熱費は毎月かかる固定費のため少しでも安いほうがいいですよね。

 

2-1. 電気代を節約する方法

電気代は節約方法により1か月で1,000円~2,000円抑えることができます!

 

年間で12,000円も節約することができます。

 

〇 コンセントを抜いておく

電気には《待機電力》というものがあります。

 

コンセントを入れているだけで微量ではありますが、電気代がかかっています。

 

たまにしか使用しないものはコンセントを抜いておくことをオススメします。
例)炊飯器、電子レンジ、パソコンなど・・・

 

〇 エアコンを我慢する
エアコン使用を我慢することです!

 

根性論みたいになってしまいますが、エアコン使用が一番電気代がかかります。

 

扇風機、冬は部屋で厚着をしておくなど対策はできます。

 

むしろ私自身がしていたので、誰でもできます。

 

ただ、夏は部屋でも熱中症になる可能性もありますので、やりすぎには注意です(^-^;

 

もしエアコンを使用する場合は、『おやすみタイマー』などを使い、使用しっぱなしにしないことです。

 

夏の場合は使用温度も高くするように設定してください。

 

自動設定、エコ設定にすることで、無駄な電気代を削減できます。

 

また電源を頻繁に付けたり消したりすると余計に電気代がかかってしまいますので、コンビニに行くなど少しだけ外出する場合はそのままつけておいたほうが節約になります。

 

〇 日当たりのいい部屋にする
日当たりのいい部屋にすることで、昼間の照明使用をなくすことができます。

 

また日当たりがいい部屋は冬は暖かくなりますので、冬のエアコン使用を減らせます。

 

その分夏は暑いので扇風機があったほうがいいですね(笑)

 

〇 お弁当は家で温めない
お弁当を買った場合は店で温めてもらうようにします。

 

家で電子レンジを使うと思った以上に電気代がかかります。

 

経験から言うと500円~800円ほど節約できますね(笑)

 

2-2. ガス代を節約する方法

ガス代も節約法によっては1,000円~2,000円節約できます。

 

〇 都市ガス物件の部屋にする

上記でも述べましたが、都市ガスとプロパンガスでは使用料関係なく、基本料金が違います。

 

同じような条件で部屋で迷った場合はガス会社を確認して比較をしてみてください。

 

〇 お風呂に入る頻度を少なくする

ガス使用というと料理をイメージすると思いますが、一番費用がかかるのが、お風呂です。

 

お湯を沸かすことでガス代が発生します。

 

毎日お風呂ではなく、シャワーに変更するだけで節約することができます。

 

シャワー派の方はだいぶガス代は節約できます(笑)

 

〇 料理は煮るではなく蒸す
料理をする際は、煮る料理ではなく、蒸す、または炒める料理をしたほうが時短になり、ガス代をうかすことができます。

 

またガスコンロを使うのではなく、電子レンジをうまく利用した料理をオススメします。

 

ここで注意点!

ガスコンロについてですが、都市ガス、プロパンガスによって仕様が違います。

ガスコンロを購入する場合は電気量販店のスタッフにしっかり確認して購入するようにしてください!

また部屋が都市ガスなのか、プロパンガスなのか確認してから購入をオススメします!

 

2-3. 水道代の節約方法

水道代に関しては正直節約しても大きな差はでません。

 

がんばっても1,000円程度と考えてください。

 

〇 洗濯はなるべくためてする

毎日、少ない量で洗濯してしまうと水道の使用また電気代も膨れ上がってしまいます。

 

なるべくためてから洗濯をするようにする。

 

またすすぎ回数を1回に設定するなどでも節約できます。

 

私なんかは夏はTシャツ、ハーフパンツばっかりなので、すすぎは1回で全く問題ありません(笑)

 

〇 トイレのレバーの使い分けをする
水道の使用料で一番多いのがトイレになります。

 

家にあまりいないひとそこまでかかりませんが(笑)

 

トイレの小・大のレバーを使い分けることで水の使用料が変わります。

 

少しでも節約したひとにはオススメです。

 

3. まとめ:光熱費は節約次第で1万以内可能です!

今回は一人暮らしの光熱費について記載してきました。

 

上記のように1か月の光熱費の平均は10,000円となります。

 

ですが、節約次第で7,000円~8,000円ほどに抑えることも可能です。

 

光熱費は毎月かかる固定費となります。

 

少しでも安いほうがいいですよね(笑)

 

自分に合った節約方法を試してみてください。

※エアコンの使用に関しては、熱中症には注意してくださいね(笑)

 

 

引っ越し・賃貸
スポンサーリンク
プロフィール
imry_222(いまりゆ)

群馬県出身/現在は神奈川県在住/2児の父/スポーツ大好き
10年間スポーツショップに勤務▶不動産賃貸営業マンに転職▶子供たちとの時間を増やすために定時帰宅の小学生を対象としたスクール事業に転職。
現在は新規事業立ち上げとマネジメント事業を兼用しています。
30代からWEB知識ゼロでブログを開始(^^)
いままでの経験してきた『転職』『引っ越し』『ブログ』『子育て』に関して発信中です。少しでもお役に立てればうれしいです!

imry_222(いまりゆ)をフォローする
imry_222(いまりゆ)をフォローする
Live happily

コメント

タイトルとURLをコピーしました