転職を成功させるために最適な転職エージェントの選び方を解説します!

転職エージェントの選び方 転職エージェント

・転職エージェントは利用した方がいい?

・転職エージェントの選び方を知りたい

・対応のいい転職エージェントに出会いたい・・

・おすすめの転職エージェントは?

 

こういった悩みにお答えします。

こんにちは。ジタン(@Imry222)と申します。

転職エージェントを利用して転職を成功させ現在に至ります。

 

 

転職に成功したと言いましたが、2度の転職のうち1度目は失敗しています。

理由は明確です。

それはひとりで転職活動をしたからです。

 

そんな転職エージェントの重要性が痛いほど把握している私が【転職エージェントの選び方のコツ】について解説していきます。

 

記事の前半では『転職エージェントがなぜ必要なのか』を解説しつつ、後半では『転職エージェントの選び方』『転職エージェントをうまく使う方法』を解説します。

 

本記事を最後まで読んで頂ければ、『正しい転職エージェントの選び方』を理解できるだけでなく、『うまく活用する方法』が身につき“転職成功”へ繋げることができます!

ぜひ参考にしてください!

 

転職エージェントが必要な理由

転職エージェントが必要な理由

転職エージェントの選び方の前に『転職エージェントが必要な理由』を理解しておくことが重要です。

 

理由は7つ。

1.転職活動を効率よく進められる

2.キャリアカウンセリングを無料で受けられる

3.非公開求人を紹介してもらえる

4.書類選考が通りやすくなる

5.面接対策ができる

6.内定後の年収交渉ができる

7.退職のフォローもしてもらえる

 

1.転職活動を効率よく進められる

転職活動は一人で進めていくと莫大な労力を使います。

・何万とある求人から希望に合ったものをピックアップ

・書類選考のため履歴書などの書類準備
※どう書けばいいのかを調べる

・面接日程の調整

・面接対策
※対応方法などをネットで調べる

・落ちたときのために求人を再捜索・・

働いている人は「通勤時間」「休憩時間」「帰宅後」くらいしか時間が取れないでしょう。

働きながら全て一人で行おうとすると半年・・1年と無駄にかかってしまいます。

 

そこで転職エージェントを利用すると、いわば“業務軽減”となり効率よく転職活動が進むようになります。

希望条件から求人をピックアップしてくれ、「求職者は応募するかどうかのジャッジをすればいいだけ」という感じです。

 

面接の日程調整や応募自体を代行してくれますのでおんぶにだっこ状態です。

 

2.キャリアカウンセリングを無料で受けられる

転職エージェントを利用するメリットとして『キャリアカウンセリングを無料で受けられる』ことが挙げられます。

 

キャリアに関しては同僚にはもちろん、友人にも相談しづらいですよね。

相談したとはいえ、プロの見解ではないので「愚痴を聞いてもらっただけ・・」みたいになってしまいます。

 

そこで転職エージェントの出番です。

転職エージェントは基本的には無料で利用できるので、キャリア相談するだけでもメリットがあるんです。

転職エージェントにキャリア相談するためだけに登録する人も多数存在します。

必ず転職しなくてはいけないという縛りなどはもちろんありませんので・・

 

今後のキャリアプランに関してより専門的で客観的な意見、アドバイスを聞き、それから転職を考えるのもありです。

 

3.非公開求人を提案してくれる

転職を失敗した私の意見ですが、「非公開求人を提案してくれること」は転職エージェント利用の最大にメリットだと考えています。

 

失敗の原因は転職サイトだけの登録で収入のみを気にして応募してしまったこと。

入社してみたらブラック企業だった・・

転職あるあるですね。

 

逆に転職エージェントが抱える「非公開求人」はホワイト企業の確率が高いんです。

なぜなら「非公開求人」は転職エージェントのお得意様で、信頼できる求職者じゃないと紹介してくれないんです。

仮に質の低い求職者を紹介してしまっては転職エージェント自身の評価も下げてしまうからです。

 

ですので、表に出ていない「非公開求人」を紹介してもらうことは求職者としても大きなメリットと言えます。

 

4.書類選考が通りやすくなる

転職エージェントを利用すると「書類選考が通りやすくなる」と耳にしたことはありませんか?

 

そんなこと本当にある・・?

気のせいじゃない?

 

と思う方も多いのではないでしょうか?

 

これ、、、本当です。

経験済みです。

 

1度目の転職はひとりで転職サイトから応募していましたが、全っ然書類選考が通らないんです。

私が、高卒だからという理由もありますが、それにしても通らない・・

通ったところはブラック企業・・ってオチです。

 

2度目の転職の際、転職エージェントから応募してもらうと書類選考で落ちるということはほぼありません。

理由は『推薦状』もつけてくれるからです。

転職エージェントの「お墨付き」という訳です。

 

採用企業も転職エージェントからの紹介であれば「面接だけでも受けてみるか・・」となるようですね。

ちなみに転職エージェントの『推薦状』は自分で確認することもできます。

もし確認したいという方は転職エージェントに申し出てみてください。

 

5.面接対策をすることができる

転職活動における一番の難関『面接対策』です。

 

・何を聞かれるのか不安

・どう答えていいか分からない・・

・転職理由は本音でOK?

・どういった服装がベスト?

・何分前に到着がいいの?

 

などなど不安要素は絶えません。

こんな不安要素を私は一人で解決をしようとしていました。

 

転職エージェントを利用してしまえば、面接に関してのレクチャーも受けられるので面接対策ができます。

しっかり対策をしてから面接の挑むことで自分をしっかりアピールすることが可能です。

不安という気持ちは面接官にも伝わるものです。
※現職で営業と人事を兼任しており、面接官として勤務することもあります。

 

転職エージェントのサービス内容にもよりますが、模擬面接もできる場合もあります。

自信を持って面接に臨めることは、内定を勝ち取る大きなアドバンテージとなりえるでしょう。

 

6.内定後の年収交渉ができる

内定をもらった後でも転職エージェントは活躍してくれます。

それは『年収交渉』です。

 

求職者からはなかなか言いづらいことですよね。

この言いづらい『年収』について転職エージェントが交渉を行ってくれます。

 

転職エージェントは何とか少しでも年収が上がるよう交渉してくれます。

なぜなら、求職者の年収が上がれば、転職エージェント自身の報酬も上がるからです。

 

転職エージェントは成果報酬なので必死ですよね。

仕組みはこうです↓↓

転職エージェントの概要

 

ちなみに転職エージェントの成果報酬は求職者の年収の30%ほどと言われています。

仮に450万円の年収で入社した場合は、転職エージェント成果報酬は135万円となります。

年収交渉をしてくれることは求職者、転職エージェント双方にとってメリットな訳です。

 

7.退職のフォローもしてくれる

最後は、退職についてです。

一見、転職エージェントは関係なさそうですが、ここでもサポートしてくれます。

あまり知られていないかもしれませんが、退職の流れ、退職届の書き方など転職エージェントからのサポートを受けることが可能です。

 

退職し、新しい会社に入社するまでが転職活動という訳です。

 

いかがでしたでしょうか?

転職エージェントが必要な理由が分かってきたのではないでしょうか?

とはいえ、メリットだけではありません。

当然、転職エージェントを利用する際のデメリットも存在します。

デメリットもしっかり理解してから転職エージェントを選ぶことが重要となりますので、ここからは転職エージェントのデメリットを解説していきます。

 

転職エージェントのデメリットも把握しましょう

転職エージェントを利用するデメリットは大きく2つ。

 

1.成功報酬が目的で転職をせかすエージェントも存在する

2.質の低い転職エージェントになる可能性もある

 

成功報酬が目的で転職をせかすエージェントも存在する

転職エージェントも言い方を変えれば営業職です。

もちろん契約をすればインセンティブがつき、収入がアップする仕組みとなっています。

 

そうなれば当然ながら転職をゴリ押ししてくる転職エージェントが存在してもおかしくありませんよね?

営業でも自分の商品を押し付けるように売る人がいるじゃないですか?

転職エージェントも同様です。

 

転職エージェントを利用する際は、基本的には担当してくれるエージェントを指名できません。

担当の転職エージェントがこういった成果報酬目当てになってしまう可能性があります。

 

質の低い転職エージェントになる可能性もある

上記に不随しますが、転職エージェントの中には当然質の低いエージェントも存在するということ。

 

✅ 質の低い転職エージェントとは・・?

・経験が浅い

・業界に詳しくない

・ユーザー目線で仕事ができない

・成果報酬目当て

・レスポンスが遅い

・・など

このような転職エージェントはあなたの転職活動に大きな障害となってしまいます。

 

しかし安心してください。

下記では、デメリットである『転職エージェントの質が低い』ということを避けるための【転職エージェントの選び方】【活用方法】を解説していきます。

記事の後半をしっかり読み込んで頂き、転職エージェントをうまく使いこなせば転職活動はうまくいきます!

ぜひ参考にしてみてください。

 

転職エージェントの選び方のコツ4選

転職エージェントの選び方のコツ4選

転職エージェントの選び方のコツは大きく4つです。

 

1.複数社の登録

2.転職エージェント登録の組み合わせ

3.サポート内容が希望に合っているかどうか

4.信頼できる転職エージェントの見極め

 

1.複数社の登録は必須

まず基本中の基本。複数社登録するということです。

1社だけの登録では転職エージェントが「自分に合っているのか」、「サービスがいいのか」の判断ができません。

必ず複数社登録して“比較する”ことが重要です。

最低3~5社の登録が必要とされています。

 

転職決定者 平均4.2社
全体 平均2.1社

引用:リクナビNEXT

 

上記のようにリクナビNEXT調べでは転職に成功している人は転職エージェントの登録を平均4.2社しています。

複数登録し、その中から自分に合った転職エージェントを選定していくという流れです。

 

とはいえ、いまや20,000社以上存在する転職エージェント。

どこを登録すればいいか迷ってしまいますよね。

ただ闇雲に登録しては選択肢だけを増やし、余計に手間取ってしまうのがオチです。

 

2.転職エージェント登録の組み合わせ方

転職エージェントを複数登録すべきということは分かったけど。

どの転職エージェントを登録すればいいか教えてほしい・・

 

転職エージェントには3つタイプが存在します

①大手総合型転職エージェント
・・全業界、求人数も豊富

②職種特化型転職エージェント
・・各業界に特化したサービス

③年代特化型転職エージェント
・・20代に特化、30代以上に特化など

この3つのタイプの転職エージェントを組み合わせて登録することが最も有効的です。

(例)

大手総合型転職エージェント

リクルートエージェント

doda

パソナキャリア

(例)

職種特化型転職エージェント

マイナビIT AGENT

マーキャリ

宅建Jobエージェント

(例)

年代特化型転職エージェント

マイナビジョブ20’s

ハタラクティブ

キャリアスタート

 

おすすめは【大手総合型】から2~3社、【職種特化型】から1~2社、【年代特化型】1~2社の登録。

合計で4~7社登録し、そこから自分に合ったエージェントを1~2社に絞るという形です。

 

3.サポート内容が希望に合っているかどうか

転職エージェントの絞りかたは、サービス内容が希望と合っているかチェックしてください。

・転職が初めてなのでノウハウから知りたい

・職務経歴書が書けないのでサポートしてほしい

・面接対策をしっかりしたい

・今後のキャリアプランを相談したい

転職エージェントによって注力しているサービス内容が異なるで、希望とマッチしているかの確認が必要となります。

公式ホームページでチェックできます。

 

4.信頼できる転職エージェントに出会う

最後は、最も重要な【信頼できる転職エージェント】に出会うことです。

ではどうすれば信頼できる転職エージェントに出会えるのか・・

 

チェックすべきポイントは5つです

①親身になって相談に乗ってくれる

②希望に合った提案を的確にしてくれる

③正しいマナーが身についている

④希望する業界・職種に精通している

⑤トレンドを把握しているか

 

①親身になって相談に乗ってくれるか

転職エージェント登録後、初回面談が行われます。
※いまは訪問だけではなく、オンライン面談も可能なことが多いです。

この初回面談で転職エージェントの対応をチェックしてください。

・しっかりこちらの話を聞いてくれるか

・相談した内容に沿ったアドバイスをくれるか

・転職を急かしてこないか

・転職以外のアドバイスをくれるか

このあたりをチェックしてみてください。

優秀な転職エージェントは自分の利益より求職者のことを考えてくれます。

自分の考えを押し付けるような転職エージェントには注意が必要です。

 

 

②希望に合った提案を的確にしてくれるか

転職エージェントによっては、面談で話した内容とは全くかけ離れた求人を送り付けてくる場合もあります。

面談の話をちゃんと聞いていたのか?

と思うほど。

 

できる転職エージェントは希望に沿った提案、または少し違う角度から提案をしてくれます。

色々な提案をしてくれるので、転職、今後のキャリアプランの視野が格段を広げることができます。

 

私は、営業職に嫌気がさし、事務職を希望していました。

事務職といえば収入は低く、家族持ちの私向きではないと指摘をしてくださり、最終的には、ノルマがなく、新しい事業を開拓していく営業職に転職しました。

 

このアドバイスのおかげで今は営業職特有のノルマ、プレッシャーがなく働くことができ、プロジェクトリーダーになることができました。

感謝ですね。

 

③正しいマナーが身についているか

社会人として当然ではないですか?

 

そうなんですが、転職エージェントによっては話し方、対応などマナーがなっていない人もいます。

上から目線の話し方、面談でずっと腕を組んでいる・・

求職者の話をさえぎり、自分の意見を押し付けてくる。

こんな転職エージェントも存在しますので注意してください。

 

④希望する業界・職種に精通しているか

【大手総合型】の転職エージェントに多く見かけますが、希望する業界・職種に精通していないエージェントがいます。

転職エージェントにも得意・不得意の分野があり、すべて求職者の満足できるサービスを提供できるわけではありません。

 

不動産業に強い、IT業界に強い、営業職に詳しいなど様々です。

あなたの希望する業界・職種にあっているかどうかチェックしてみてください。

 

⑤トレンドを把握しているか

優秀な転職エージェントは日々、社会のトレンドをチェックしています。

業界トレンド、企業トレンドなど情報収集を怠りませんので、最新の情報を提供してくれるはずです。

 

しかし全員がそうとも限りません。

トレンドを理解していない、ただ話を聞いて見合った求人だけを紹介してくる転職エージェントも多く存在ます。

 

傾きかけの業界、企業に転職はしたくないですよね。

業界情報なども転職エージェントから得られるので確認してみてください。

 

利用しないほうがいい転職エージェントの特徴

利用しないほうが転職エージェント

信頼できる転職エージェントとは逆に利用しないほうがいい転職エージェントには特徴があります。

この特徴をしっかり捉え、転職エージェント選びに失敗しないようにしてください。

 

1.レスポンスが遅い

2.転職を急かしてくる

3.求人を大量に送ってくる

4.上から目線

 

1.レスポンスが遅い

レスポンスが遅い転職エージェントは論外です。

通常だと、翌日、2~3日以内には連絡が返ってきます。

 

転職エージェントによっては1週間連絡がこなかったということが実際にありました。

求職者目線にたてない転職エージェントの利用はしないほうが身のためです。

 

求職者にとっては人生を左右する転職です。

その転職を軽視するような転職エージェントは利用しないでください。

 

2.転職を急かしてくる

上記でも述べましたが、成果報酬目的のため転職を急かしてくる転職エージェントです。

成功報酬目的の転職エージェントの特徴は、なにかと転職を急かしてきます。

 

「この求人は今だけですよ」

「この提案した求人以外は厳しいですよ」

「転職することだけが悩み解決の手段です」

 

また希望年収に達しない求人を紹介された場合も注意が必要です。

年収を下げた転職は、転職エージェントにとって苦労せずに転職をさせることができます。

いわば、手間をかけずに簡単に成果報酬を得ることができるということです。

 

優秀な転職エージェントはなんとか希望年収を達成できるように企業に推薦してくれたり、書類の見直しなど策を提案してくるものです。

簡単に、希望年収を下げることはおすすめできません。

 

3.求人を大量に送ってくる

初回面談後は、求人選定に入っていきます。

面談内容を考慮し、転職エージェントから求人を提案してもらう訳ですが・・

大量に送ってくる転職エージェントがいます。

 

とりあえず希望に合いそうな求人を大量に送り放置。

「あとはこの中から選んでね」みたいな投げやりの対応です。

 

こういった転職エージェントは、親身になって転職活動を進めていこうという考えなしに「仕事だから」という感覚なのでしょう。

こういった転職エージェントは求職者にとっては全くプラスにはなりませんので利用は控えるようにしてください。

 

4.上から目線

最後は『何かと上から目線』エージェントです。

 

本当にいるんですよ。こういった人が。

私の出会った転職エージェントは、始めから私のことを『きみは・・』って呼んでいました。

何様なんだよ??って感じですよね。

 

・最終的には自分の意見を押し付けてくる。

・何かと意見を被せてくる。

・態度がでかい

 

こういった転職エージェントは即刻利用停止しましょう。

転職エージェントの選択権は求職者にありますので、突き放したほうが身のためです。

※ちなみに転職エージェントは交代することができます。

もしむかつく転職エージェントにあたってしまった場合はこちらを参考にしてください。

 

 

転職エージェントをうまく利用する方法

転職エージェントをうまく利用する方法

それではここからは選んだ転職エージェントをいかにうまく利用するかを解説していきます。

転職エージェントをうまく活用することは“転職成功”に直結します。

ぜひ意識して利用してみてください。

 

自分をさらけ出す

上記でも述べましたが、複数社登録は必須です。

ただ、登録しただけでは意味がありません。

まずは、『自分をさらけ出す』ことが重要です。

 

転職エージェントも人です。

いくら優秀な転職エージェントでも求職者が心を開かなければ、いい提案をすることはできません。

 

・自分がどんな人間か

・どういった経歴を持っているのか

・どんなスキルがあるのか

・どんな長所、短所があるのか

 

初回面談で聞かれる内容ですが、ここで「恥ずかしい」「見ず知らずの他人になんで言わなければ・・」「めんどくさいな」なんて考えがあると転職エージェントをうまく活用することはできません。

 

まずは、自分の方から心を開いてコミュニケーションを取ることが重要です。

 

希望条件、将来の展望をしっかり伝える

上記にも付随しますが、『希望条件』『将来の展望』などどうなりたいかの“軸”をしっかり伝えることが大事です。

“軸”が曖昧になってしまっては転職エージェントも提案しづらい状況となってしまいます。

 

・年収を上げたい

・福利厚生を充実させたい

・新しいことにチャレンジしたい

・キャリアアップしたい

 

など明確に伝えるようにしてください。

「特にやりたいことがないけど転職はしたい」という方も同様です。

希望を伝えることで優秀な転職エージェントであれば、的確なアドバイスをしてくれます。

それが転職する、しない構わずです。

 

利用してやってるという考えは捨てましょう

上から目線の転職エージェント同様に、求職者も上から目線は避けたほうがいいです。

転職エージェントも人ですので、当然ムカってくることもあります。

 

常識的な行動、言葉遣いは必須です。

 

転職エージェントも非常識な人を企業に紹介したいとは思いませんよね?

転職エージェントに「この人をぜひ企業に紹介したい!」と思ってもらえれば優良企業の提案もくる可能性も高まります。

ですので、求職者も常識ある対応を心掛けてみてください。

 

まとめ:自分に合った転職エージェントを探し出せるかが勝負

自分に合った転職エージェントを探し出せるかが勝負

今回は【転職エージェントの選び方のコツ】を中心に解説してきました。

 

転職エージェントの選び方のコツ

1.複数社の登録

2.転職エージェント登録の組み合わせ

3.サポート内容が希望に合っているかどうか

4.信頼できる転職エージェントの見極め

 

信頼できる転職エージェント

①親身になって相談に乗ってくれる

②希望に合った提案を的確にしてくれる

③正しいマナーが身についている

④希望する業界・職種に精通している

⑤トレンドを把握しているか

 

ぜひ本記事を参考にして頂き、転職を成功させて頂ければと思います。

 

最後に・・

私は転職で人生が変わりました。

子どもと過ごす時間もふえ、収入もアップ。

仕事のやりがいも得ました。

 

ですが、転職は失敗すると大きな挫折となり、立ち直るにも時間、労力が掛かります。

周囲にも迷惑を掛けます。

本当に辛かったです。

 

本サイトでは転職失敗を経験した私が、読者様が転職失敗しないよう可能な限りノウハウを伝えていければと考えています。

これから転職をお考えの方はぜひ本サイトを熟読し、転職成功に繋げて頂ければ幸いです。

 

20代向け転職エージェント登録の組み合わせ

【大手総合型転職エージェント】

リクルートエージェント
マイナビエージェント
doda 

【年代特化型転職エージェント】

マイナビジョブ20’s
ハタラクティブ
キャリアスタート

 

30代向け転職エージェント登録の組み合わせ

【大手総合型転職エージェント】

リクルートエージェント
doda 
パソナキャリア

【年代特化型転職エージェント】

JACリクルートメント
リクルートダイレクト

 

 

転職エージェント
プロフィール
ジタン

大学中退→ニート→残業地獄の接客業10年→不動産営業→新規事業開拓のチームリーダー
高卒という学歴から逆転人生を目指し爆進中!
現状年収200万円以上アップ │休日年間30日プラス│残業90時間削減に成功。
年収1,000万円を目指して努力中です!

ジタンをフォローする
ジタンをフォローする
Live happily
タイトルとURLをコピーしました