仕事に追われるのはもうやめませんか?~7つの対処法を紹介~

転職・ビジネス
悩んでいる人
悩んでいる人

毎日仕事に追われているサラリーマンです。

朝から夜遅くまで働いても全然仕事が終わりません・・

効率よく働いて仕事に追われる生活から脱出したいです!!

 

いまりゆ
いまりゆ

こういった悩みにお答えします。

こんにちは。いまりゆです。

私も以前は毎日忙しい仕事に追われ、辛い時期がありました。

今は仕事量は変わりませんが、効率よく働くコツを覚え、しっかり休みもとれています。

 

・毎日の仕事が終わらず、休日出勤する

・朝早く出勤して、夜遅くまで働いてもまだ仕事が終わらない・・

・いくら頑張っても仕事が片付かずモチベーションも下がっている・・

・休みの日も仕事のことが頭から離れない

 

こういった方の悩み『仕事に追われる』ということから脱却できる対処法を紹介していきますね。

 

『仕事に追われる』ということから脱却できれば、毎日のストレスからも解放され人生が楽しくなります。

退勤後、休日のプライベート時間も有効に使えるようになるので、好きな趣味などもできるようになりますよ。

 

〇 仕事を追われることから脱却後

・時間に余裕ができる(趣味、家族との時間が増える)

・仕事をやらなきゃというストレスから解放される

・ストレスがなくなることで心身ともに健康になる

・視野が広がりさらなるキャリアアップが見込める

 

 仕事に追われる人の特徴

仕事に追われる人の特徴

 

仕事に追われる人にはだいたい同じような特徴があります。

私もそうでしたし、周りにいる仕事に追われているひとを見るとだいたいそうですね。

 

タスクの管理ができていない

自分のタスクを管理できていないという人です。

頭の中では『あれをやらなきゃ』『これもやらなきゃ』と認識はしていますが、結局何からすればいいの?

こんな状況に陥っている人です。

自分のやるべきタスクは自分で管理しなければなりません。

上司の指示に従っているひとに限って仕事に追われてしまいます。
※言い方が少しきつくなってしまい申し訳ございません。

『とにかくやるべきことがいっぱいある』と思っているがタスクに費やす時間も把握していない。

こういった方は「やらなきゃ」という不安から解放されず、時間だけが過ぎ去ってしまいます。

 

あとでやろうというマインド

重いタスクが出てきた場合、「あとで時間をつくってじっくりやろう」と思っていませんか?

その思考は危険です。

期限が設定されている重いタスクはなおさらです。

優先事項として最初に取り組むことが重要になってきます。

あとで時間を作って・・

結局そんな時間は作れません。

次から次へとタスクがあり、仕事に追われているのに時間をつくることはできますでしょうか?

休日を使うぐらいです。

重いタスク、手間がかかるものから取り掛かるようにするマインドが必要になってきます。

 

時間の使い方非効率

上記にも付随しますが、まとまった時間を作らないと仕事ができないと思っている人もいると思います。

重いタスクは時間があるときに・・

そういったマインドでは一生終わりません。

少しの時間でも少しずつタスクをこなしていくというマインドが必要です。

 

いい人(まじめなひと)

いいひとは損をする・・

まさにその通りだと感じています。

周りからの仕事依頼を断るとができないひとは自然に仕事量が多くなりますよね?

 

仕事を断れない・・

分かります、その気持ち。

私も周りからよく見られたいという気持ちからなんでも承諾していました。

ですが、そのいい人ぶりが自分の首をしめることになります。

キャパオーバーで納期に間に合わず・・

時には仕事を断ることも重要ですよ。

 

 仕事に追われている人の周りからの印象

仕事に追われている人の周りからの印象

 

では仕事に追われている人は周りからどう見られているのでしょうか?

仕事を終わらすことに必死になっていると、周りの反応を気にする余裕もないですよね。

どう見られているか解説していきます。

 

仕事ができないひと

当然、仕事ができない人と思われます。

当人はかなりの仕事をこなしているので、仕事ができると勘違いしていまいがち。

周りからみると納期も間に合わない、余裕もない、効率性がないと思われてしまっています。

 

信用できないひと

キャパオーバーで納期を守ることができない場合は『頼りがいがない人』と思われてもしょうがないですよね。

チームワークで一番重要な【信頼性】を損なうことになってしまいます。

【信頼性】をなくしてしまうと重要な仕事を任せてもらえなくなり、昇進、キャリアアップも難しくなってしまいます。

 

プライベートも大丈夫?

仕事の管理ができていなければ当然プライベートもグウタラな生活でしょ?と思われてしまいます。

仕事は出会いの場でもありますよね(笑)

自分の仕事をしっかり管理し、仕事に追われず余裕を持って仕事をしているほうがやっぱりカッコイイですよね。

 

 仕事に追われているときの7つの対処法

仕事に追われているときの7つの対処法

 

こんな仕事に追われる生活からは早く脱却しましょう!

ここでは、仕事に追われているときの対処法7つ紹介します。

ぜひ参考にしてストレスフリーを手に入れてください。

① 1日の作業量を決める

1日の作業量を決めていますか?

作業量を決めずに1日を始めてしまうと終わりが見えなく結局残業するはめになります。

おすすめは前日か、もしくは朝少し早く出勤し、1日の作業量の目安を立てます。

作業を決め、終わればその場終了する。

やることを明確にしておけば、その作業に集中して取り組むことができます。

2つ3つの作業を同時進行で進めていくことは相当難易度が高いことです。

それができれば、おそらくもっと昇進し、社長になっているでしょう。

まずは『1日の作業量を明確にする』を意識して作業の集中して取り組みことです。

 

② タスク管理

次に自分の現状のタスクを管理することです。

 

頭の中で考えるという意味ではありません。

“タスクを可視化する”ということが重要になります。

 

いまりゆ
いまりゆ

個人的におすすめはTrelloというアプリです。

 

いま、チームで進めている新規事業もこのTrelloを利用しています。

カード(タスク)を作成し、各ボード(「To Do」「Doing!」「Done」)

に移行していきます。

To Doリストの作成と進行状況を可視化できるので、タスク管理には最適です。

またゲーム感覚で仕事を進めていくというのがモチベーションアップにも繋がります。

 

もうひとつのおすすめは【マインドマップ】の作成です。

タスク管理をしつつ、さらにその先、次にするべきことは何か?ということです。

xmind

この【マインドマップ】を作成することで、自分のすべきことを可視化することができ、最短でタスク完了までいけます。

 

いまりゆ
いまりゆ

ちなみに【マインドマップ】はXmindがおすすめです。

私も利用しています。

有料版もありますが、無料版でまったく問題ありませんよ。

 

このふたつのアプリを活用し、『タスクを可視化する』ということが最も効率的にタスクの管理ができます。

※ちなみに昔ながらの手帳で管理する方法もあります。

書くことによって覚えられるというメリットもありますが、個人的にはアプリはスマホ1台で済むのでいまは使用していないですね。

個人差はあります。

『タスクの可視化』という意味ではもちろん手帳に記入でも問題ありません。

 

③ 優先順位を決める

次は、管理したタスクの『優先順位を決める』ということです。

せっかく管理したタスクでも優先順位が定まっていなければ、どこから手を付けるべきか分からないので、余計に迷ってしまいます。

可視化したタスクに優先順位をつけることが重要になります。

簡単に順位をつけるとこんな感じでしょうか。

① 納期があるもの

② まだ手をつけてないもの

③ ミーティングが必要なもの

④ 他人には任せられないもの

⑤ サクッと終わるタスク

もちろんあなたの中で付けるべき優先順位があると思いますが、納期のあるタスクから取り掛かる!

これは必須です。

納期前に提出すことで、あなたの評価も爆上がりします。

優先順位を間違えないように注意しましょう。

上記でも述べましたが、簡単な作業から始め、「重いタスクをあとでやろう」はNGですよ!

 

④ スケジュールを管理する

タスクのスケジューリングはしていますか?

納期を設定して、その納期から逆算してスケジューリングをします。

 

最終目標(納期)をゴールにして“マイルストーン”を設置していくのもおすすめです。

マイルストーン

マイルストーンとは・・

最終目標にたどり着くために、中間目標を設定していくこと。

例)

プロジェクト完了設定・・3月1日

Aの作業工程終了・・1月31日

Bの作業工程終了・・2月28日

 

こういった形で中間目標を設定しておくことで、最終納期に向けて計画的にタスクをこなしていくことができます。

 

⑤ 完璧主義をやめる

【完璧主義】はカッコイイというイメージがありますが、やめましょう。

【完璧主義】はどの作業も100%までいかないと気がすまず、非常にやっかいなマインドです。

100%を目指すとなかなか次のタスクに移行できず、仕事に追われてしまいます。

どんな仕事も100%に済ますことは難易度MAXです。

そこを目指してしまわぬように80~90%で終わらせてしまうことをおすすめします。

 

また、一人で抱え込まず、同僚に相談してみてください。

効率的な仕事のアドバイスをもらえたり、手伝ってもらえるかもしれません。

完璧主義の傾向が少し思い当たることがあれば、すぐに捨て去ってしまったほうがいいです。

 

⑥ 無理なことは断る

無茶な仕事を頼まれていませんか?

「土曜日まで営業先全部ピックアップしておいて」

上司からの依頼仕事。

 

同僚からは「手伝ってほしい」との依頼が入り

全て承諾してませんか?

 

断る勇気を持ちましょう。

 

依頼された仕事を周りの目を気にして全て請け負っても、自分の首を絞めるだけですよ。

自分の仕事にただプラスで仕事が増えるだけです。

 

もちろん余裕があれば、率先して手伝うことが『信頼』に繋がります。

がしかし、自分のタスク量を管理もできていない人が請け負ってしまっては仕事に追われる環境を自ら作っているのと同じ。

自分のタスクを管理できてから周りの仕事の手伝いをするようにしましょう。

 

⑦ 適度な休憩をとる

最後は『適度な休憩をとる』ということです。

休憩時間はしっかり休んでいますか?

 

大人の集中力の平均持続時間は50分と言われています。

ずっと仕事の考えているのは不可能ということです。

1日ずっと休まず仕事をしているより、50分集中し、休憩、そしてまた50分集中するの繰り返しの方が効率よく仕事を終わらせることができます。

学校の授業も1時間といっておきながら45分または50分ですよね。

子供が1時間集中することができないと分かっているからです。

しっかり休む

 

上記のように休憩を取りつつ集中力を高めることが逆に仕事の効率アップになり、仕事に追われるリスクが低くなります。

 

 それでも仕事に追われる人は転職もひとつの手段

上記のことを実践し、それでもまだ仕事に追われる、楽しくない、辛いという人は『転職』を視野にいれてもいいです。

今の仕事があなたに合った仕事ではない可能性があります。

このまま仕事を続けてもおそらく現状を改善することは難しいです。

そういった場合は転職エージェントに相談することをおすすめします。

無料で「転職するべきか?」ということだけでも相談にのってくれます。

こちらの記事を参考にしてください。

【体験談】おすすめ転職エージェント&転職サイトを紹介
ここでは私が実体験した転職エージェント、転職サイトを紹介します。実際に全く合わなかったものもあれば本当に親身になって相談に乗ってくれるところもあります。ぜひ参考にしてみてください。

>>【体験談】おすすめ転職エージェント&転職サイトを紹介

 

 まとめ:仕事に追われる生活から脱出しよう

仕事に追われる生活から脱出しよう

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、仕事に追われるときの対処法を紹介してきました。

ぜひ実践して頂き、毎日のストレスから解放されてください。

毎日、仕事のことを考えるのは憂鬱になりますよね。

そんな生活からぜひ脱却しましょう!

 

最後に7つの対処法をまとめておきます。

それでは今回はこれで失礼します。

 

① 1日の作業量を決める

② タスク管理

③ 優先順位を決める

④ スケジュールを管理する

⑤ 完璧主義をやめる

⑥ 無理なことは断る

⑦ 適度な休憩をとる

 

 

 

転職・ビジネス
スポンサーリンク
プロフィール
imry_222(いまりゆ)

群馬県出身/現在は神奈川県在住/2児の父/スポーツ大好き
10年間スポーツショップに勤務▶不動産賃貸営業マンに転職▶子供たちとの時間を増やすために定時帰宅の小学生を対象としたスクール事業に転職。
現在は新規事業立ち上げとマネジメント事業を兼用しています。
30代からWEB知識ゼロでブログを開始(^^)
いままでの経験してきた『転職』『引っ越し』『ブログ』『子育て』に関して発信中です。少しでもお役に立てればうれしいです!

imry_222(いまりゆ)をフォローする
imry_222(いまりゆ)をフォローする
Live happily

コメント

タイトルとURLをコピーしました