「仕事に行きたくない・・家にいたい・・」そんな時の8つの対処法を紹介!

仕事にいきたくない..家にいたい.. 転職・ビジネス

毎日仕事に行きたくない・・家にいたい・・

朝起きると毎日思っています。

なにかいい対処法はないでしょうか?

 

こういった悩みにお答えします。

こんにちは。ジタン(@Imry222)と申します。

私は「仕事行きたくない病」から解放されました。

どう対処したのか紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

「今日も仕事行きたくないなぁ~・・家にいたい・・」

「眠いな・・ずっと布団の中にいたい」

「全然やる気がでない・・満員電車乗るのやだなぁ~」

 

なんて思っていませんか?

私もそうでした。

 

毎朝6:30起床

満員電車でストレス溜まりまくり・・

本当に毎日苦痛でしかなかったです。

 

本記事は、「毎日仕事に行きたくない・・家にいたい・・」と思っていた私が苦痛ではなくなった方法を紹介していきます。

 

ちなみに株式会社ビズヒッツの調査によると「仕事に行きたくないと思うことがある」と回答した人は91.2%と大体の人が思っている結果となっています。

 

そんな【仕事行きたくない病】毎日の苦痛から脱却しましょう。

そうすれば、毎日が明るくなり、人生も楽しく、悔いなく過ごすことができます。

ぜひ本記事を読んで、「仕事行きたくない病」から抜け出すキッカケをつかんでください!

 

仕事に行きたくない理由

仕事に行きたくない理由

仕事に行きたくない時の対処法の前に「なぜ仕事に行きたくないのか?

この理由を明らかにする必要があります。

理由が分からなければ対策もすることができません。

 

1. 人間関係に悩んでいる

まず一番多いとされているのが、職場内での人間関係です。

・性格が合わない同僚がいる

・すぐ怒る上司がいる

・プレッシャーをかけてくる上司がいる

・仕事をしない部下がいる

どうしても合わない人が一人はいるのではないでしょうか?
 
こういった人たちと働くことでストレスが溜まり、仕事に行きたくなくなることが多いです。

 

2. 上司からのパワハラ

あなたの上司は大丈夫ですか?

現代問題視されているとはいえ、いまだにパワハラといった上司は存在します。

・半強制的に残業をさせられる

・仕事の納期を無理なスケジューリングされる

・飲み会に強制参加

・同僚の前で怒られる

・無理なノルマを課せてくる

こんな上司であれば仕事に行きたくないのは当然ですよね。

 

3. 満員電車に乗りたくない

通勤時間も苦痛・・なんて方も多いのではないでしょうか?

特に満員電車での通勤はストレスが溜まり、会社についてすでに疲労困憊なんてことも。

 

4. 仕事でミスをした

仕事でミスをした時も仕事に行きたくないと感じる原因のひとつです。

ミスをして顧客に謝罪、怒鳴られる・・

嫌だな・・仕事行きたくない・・という感じです。

 

仕事をミスした時の対処は余計に気を遣いますし、ストレスも溜まりますよね。

 

5. 仕事に追われている

毎日のように仕事が降ってきて忙しすぎる!ということも原因の一つです。

仕事の終わりが見えず、消耗しきってしまっている状態です。

・立ち仕事で毎日苦痛

・休憩時間、休日も使わないと仕事が終わらない

・残業しても終わらない

 

仕事に追われる際の対処法についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

 

 

6. 仕事にやりがいを感じない

そもそも論ですが、いまの仕事にやりがいを感じない場合もあります。

やりがいがなければモチベーションを保つこともできず、仕事に行きたくなくなってしまいます。

 

仕事にやりがいを感じない場合は転職するなどの対応が必要となってきます。

 

以上が、仕事に行きたくない大きな原因となります。

こういった原因をしっかり理解しつつ、対処法を参考にして頂ければと思います。

 

「仕事に行きたくない・・家にいたい」ときの8つの対処法

「仕事に行きたくない・・家にいたい」ときの8つの対処法

実際に私がやってみたことを元にしています。

実証済みですので、参考になるはずです。

 

1. 職場の近くに引っ越してみる

2. 夢中になれる趣味を見つける

3. 職場でライバルを設定しモチベーションを上げる

4. 目標を設定し、ゲーム感覚で仕事をする

5. 我慢せずに休む

6. 1日の休みで足らなければ長期休暇をとる

7. いつでも辞められる状態を作る

8. キャリアアドバイザーに相談

9. 転職をする

 

 

1. 職場の近くに引っ越してみる

私の場合、1番の理由は満員電車です。

満員電車の通勤が本当にイヤで「仕事に行きたくない・・家にいたい」と思っていました。

そんな方多いのではないでしょうか?

 

朝から・・

「知らないおっさん・・息くさっ!!」

「足踏まれた・・コノヤロー!って言いたいけど大人だ。我慢しよ・・」

 

マジでイヤで、最終的には始発で会社に行ってました(笑)

これ本当です・・

 

そんな方は迷わず引っ越しましょう!

 

・会社の近くに引っ越す

・必ず座れる終点駅に引っ越す

・駅チカ物件に引っ越す

 

 

私は、職場から徒歩10分の場所に引っ越しました。

朝は、8時過ぎまで寝れるし、帰りは10分で着くのでめちゃくちゃ便利でしたね。

満員電車の苦痛がなくなるだけだいぶ気持ち的にラクになりましたよ。

 

また通勤時間を減らせるので朝もゆっくり寝られるとというメリットもあります。

朝に弱い方にも職場の近くに引っ越すことはおすすめです。

 

2. 夢中になれる趣味をみつける

仕事以外でなにか夢中になれる趣味はありますか?

夢中になれる趣味をもつことで、仕事への苦痛感が薄まります。

 

特にコレといった趣味はないですね・・

休みの時は家でネット見たり、マンガみたり・・

あまり外にも行かないです。

 

夢中になれるものがないと、仕事のことで頭がいっぱいになってしまいます。

何か楽しみを持つことで「仕事のことを考える」ことから解放されますよ。

 

趣味 マインド

夢中になって楽しめる趣味をもつことにより、仕事への気持ちの軽減が見込めます。

また、脳内がリフレッシュされ、ストレスの軽減にも繋がるのでおすすめですね。

 

私の場合、以前は休みの日は家でただゴロゴロ・・

気づいたらもう夜・・

明日もまた仕事かぁ~みたいな感じでした。

 

ですが、「キャンプ」「釣り」「ドライブ」を軸に趣味をもつようになり、ストレス発散することができました。

ひとりでいたい私にピッタリの趣味を見つけることができました(笑)

いまは子供と遊ぶ趣味も増えました!

 

3. 職場でライバルを設定してモチベーションを上げる

仕事のやる気がでないときの対処法のひとつは『ライバルを見つけること』です。

特にあなたに近い年齢、または同期、同じ仕事をしている方の中でライバルを設定することが重要です。

 

なぜかというと、仕事意欲のある同僚をライバルとして設定することで相乗効果であなたのやる気もアップするからです。

 

ライバルはできるのに自分はできない・・

知識量も負けている。

絶対に負けたくない!!

 

マインドを『負けたくない!』ということに変換してしまえば、『仕事に行きたくない』ということから脱出することができます。

 

もしくはさらに『ライバルに負けないように朝早く出勤しよう』という考えにもなります。

✅ ライバル設定で注意する点

・仕事に意欲があるひとをライバルに設定する

・力量が同じぐらいのひとを設定する

ライバルが成長すればあなたも負けずと成長していく。

切磋琢磨して仕事をしていけるライバルの存在があなたをやる気のあるビジネスマンに変えてくれますよ。

 

モチベーションの上げ方についてはこちらにまとめています

 

4. 目標を設定し、ゲーム感覚で仕事をする

仕事やる気がでないときの対処法としてもうひとつ。

 

『目標を設定し、ゲーム感覚で仕事をする』ということです。
ビジネス本でよくでてくる《マイルストーン》の設置ですね。

転職 目標

スモールステップを踏むことで目標を達成する“快感”を味わうことができます。

 

目標をひとつひとつクリアすることで、最終目標に到達することができ、“達成感”を味わうことができます。

達成したら飲み会ですね(笑)

 

こうして、ゲーム感覚で仕事をこなすことで、『仕事に行きたくない』という感情から解放されます。

 

5. 我慢せずに休む

今日は本当に仕事に行くのがいやです・・

家から一歩も出たくない・・

 

 

そんなときは思い切って休んでしまいましょう!

私も本当に仕事を行きたくないときは休んでいます(笑)

気分がのらない・・

苦痛・・

そんなときは休んだほうが気持ちもラクになりますよ。

 

正直あなたが思っているほど仕事を休むことは悪いことではありませんよ。

 

言い方がきついかもしれませんが、あなたが1日休んだことで、会社がどうこうなることまずないです。
むしろどうこうなる会社だったらすぐに転職をしたほうがいいですね。

 

1日休んでみてリフレッシュできるのなら休んでしまった方がいいです。

 

6. 1日の休みで足らなければ長期休暇をとる

1日休んでみてそれでもまだ気分が乗らない、『仕事に行きたくない』というなら長期休暇を取るべきです。

実家に帰るのもよし、知らないところに旅にでるのもよし。

自分を見つめ直すつもりで、現実逃避をしてみてください。

 

ちなみに私は、実家に帰って中学の同級生と会い、遊びまくりました。

昔、楽しかった学生時代を思い出し、毎日楽しく生きてみようと思い直しました。

結果、『仕事も楽しくやってみる』というマインドチェンジに成功しました。

 

有給休暇はすべて消化していますか?
有給休暇は労働者に必ず与えられるものです。
もし、有給休暇の申請ができない、申請するのが気まずい雰囲気といった会社なら辞めてしまった方がいいです。

 

7. いつでも辞められる状態を作る

仕事に行きたくないという心境は心に余裕がない状態の時に出るものです。

 

「仕事に行かないと生活できない」

「仕事を休んだら周りから冷たい目で見られそう」

 

そんなプレッシャーを感じてしまうのは【仕事をし続けなければ生きていけない】という心情から生まれます。

 

であれば、仕事に行かなくても生活ができれば最高ですよね。

 

いまや終身雇用はなくなりつつあり、自分の生活は自分で作らなければならない時代となってきています。

その一環として、政府はiDeCoやNISAなどを推進し、「自分で老後資金を確保してね」と国民に放り投げています。

 

また副業が解禁したのも同じ理由です。

こういった時代を生き抜くために、自分で稼ぐ力が求められているのです。

自分で稼ぐ力を身に着け、いつでも仕事を辞められる状態しておけば、「心の余裕」が生まれ上司のことなど気にも留めなくなるでしょう。

 

私がおすすめするのは【ブログ】です。

【ブログ】はマーケティング、ライティング力など様々なスキルが身につきます。

 

副業についてはこちらで詳しく解説していますので参考にしてみてください。

意外と副業の方が楽しくなり、本業より本気になるなんてこともあります。

 

 

8. キャリアアドバイザーに相談

仕事に行きたくない原因として、仕事が楽しくない、仕事にやりがいを感じないという方は、キャリアアドバイザーに相談してみるのも一つの手段です。

 

キャリアアドバイザーは現在の状況、今後のキャリアプランについて相談に乗ってくれます。

一人で悩んでいるより、専門家に相談してアドバイスをもらってみてはいかがでしょうか?

 

おすすめのキャリアアドバイザーは2つ。

 

1. ポジウィルキャリア

ポジウィルキャリア2

 

・やりたいことがない

・毎日何かモヤモヤしている

・自分のやりたいことを見つけたい

 

実際にキャリア支援を受ける場合は有料ですが、最初の45分間のカウンセリングは“無料”で受けることができます。

かなり有益で客観的なアドバイスをもらえるのでぜひ試してみてください。
※無理な転職を勧められたり、営業されるということが一切ないので安心して相談できますよ。

詳しくはコチラを参考にしてみてください↓↓

 

 

2021年10月2日追記
※現在問い合わせ殺到のため予約が取りづらくなっているようです。
余裕をもって予約するようにしてください。

 

2. マジキャリ

マジキャリ

こちらのサービスは最近話題になってきている「求人を紹介しないキャリアサービス」です。

転職を勧めてくるのではなく、自己分析をし、今後のキャリアプランを考えることをコンセプトにしています。

詳しくはこちらの記事で解説していますので参考にしてみてください。

 

 

9. 転職をする

上記のことを試してみて、それでも「毎日仕事に行きたくない・・家にいたい・・」と思う方

転職をおすすめします。

 

仕事自体が合っていないか、職場が合っていないかのどちらかです。
職場を変えるだけで、あなたの仕事へのモチベーションが上がることもあります。

 

転職=逃げではありません。

 

私も30歳になった時に、環境を変えようと転職をしました。

 

下記のグラフで分かるように日本でも転職者数も年々増加傾向にあり、転職に対するイメージもポジティブに変わってきています。

転職者比率

(転載:株式会社マイナビ【転職動向調査2020年版】)

本当にやりたい仕事があれば迷わずやればいいし、やりたい仕事がまだ見えてない方は職場を変える転職でもいいです。
環境を変えてみることが重要です。

 

とはいえ、とくにやりたいことがない・・

そんな方におすすめできるのがポジウィルキャリア無料相談 です。

転職をすでに考えている方はまず《転職エージェント》に相談することをおすすめします。

 

 

転職サイト登録だけではなく、転職エージェント利用をおすすめするのには理由があります。

 

それは転職エージェントに求人を出す企業が優良企業の確率が高いからです。

 

どういうことかと言いますと・・

 

求人をかける企業はもちろん費用をかけて採用活動を行います。

そこで、「ブラック企業」や「人材に費用をかけたくないという考えの企業」は費用が安い転職サイトだけの求人だけに留まります。

転職サイトに求人を出すだけならたいして費用はかからないので、幅広く転職サイトに求人を掲載します。

 

反対に優良企業は、しっかり費用をかけて優秀な人材を確保したいと考えるので転職エージェントを利用する場合が多いのです。

 

こういった理由から転職サイト登録だけではなく、転職エージェントの利用をおすすめします。

 

転職エージェント》についてはコチラを参考にしてみてください。

 

 

転職の流れについてはコチラを参考にしてください

 

 

仕事に行きたくない状態を続けるリスク

仕事に行きたくない状態を続けるリスク

「仕事に行きたくない・・家にいたい・・」と毎日苦痛に感じているが、我慢している。

その我慢を長く続けてしまうと当然リスクが生じます

 

① うつ病の発症

うつ病が発症することで、仕事以外にもやる気がでなくなったり、何をするにも億劫になってしまいます。
また自分に自信がもてなくなり、他人とのコミュニケーションができなくなる。

 

うつ病の発症によってさらに仕事への意欲が軽減してしまいますので、我慢のしすぎには注意が必要です。

✅ うつ病の初期症状

・暴飲暴食

・何事にも集中できない

・眠れない

・疲れが取れない

・家から出たくなくなる

 

② 精神不安定で他人にも攻撃的になる

うつ病の症状にも近いですが、精神が不安定になり、他人にも攻撃的になってしまいます。

注意して頂きたいのが、家庭をもつ方です。

 

妻、子供がいる方は自分の感情を八つ当たりしてしまう可能性もあります。

自分の感情をコントロールできなくなってしまう場合もありますので、我慢することはすぐにやめましょう。

 

③ キャリアアップができない

仕事にやりがいを感じられない方は、毎日ただなんとなく仕事をこなしているだけ。

成長したい、将来のために勉強するという習慣がないため、現状維持が永久的に続きます。

 

現状維持が続けば、もちろんキャリアップはできないし、収入も変わらないまま。

自分自身の成長もストップしてしまいます。

 

仕事を辞めるのが不安な方は「退職代行」を使うのもあり

仕事を辞めるのが不安な方は「退職代行」を使うのもあり

 

仕事に行きたくなく、退職したいが、上司に言うのが怖い。

引き留められて説得させられそう。

 

そんな方は「退職代行サービス」を利用するのもありです。

退職交渉、有休などすべて代行してくれますので、負担なく退職することができます。

※有名どころ2社紹介します。

退職代行の際に法的な案件(残業代未払い請求・損害賠償など)は弁護士しかできませんので注意してください

>>退職代行Jobs

・顧問弁護士指導の丁寧な対応

・退職できない場合は全額返金

 

>>【退職代行ガーディアン】

・業界競争力NO.1

・安心の合同労働組合が運営

 

まとめ:仕事に行きたくないときは8つの対処法を試してください

仕事に行きたくないときは7つの対処法を試してください

いかがでしたでしょうか?

今回は『仕事に行きたくない・・家にいたい・・』ときの対処法を中心に紹介してきました。
この対処法を実践して頂き、「仕事に行きたくない病」から脱却してもらえればうれしいです。

 

最後に対処法8つまとめておきます。

 

1. 職場の近くに引っ越してみる

2. 夢中になれる趣味を見つける

3. 職場でライバルを設定しモチベーションを上げる

4. 目標を設定し、ゲーム感覚で仕事をする

5. 我慢せずに休む

6. 1日の休みで足らなければ長期休暇をとる

7. いつでも辞められる状態を作る

8. 転職する

 

それではこれで失礼致します。

 

 

 

転職・ビジネス
プロフィール
ジタン

大学中退→ニート→残業地獄の接客業10年→不動産営業→新規事業開拓のチームリーダー
高卒という学歴から逆転人生を目指し爆進中!
現状年収200万円以上アップ │休日年間30日プラス│残業90時間削減に成功。
年収1,000万円を目指して努力中です!

ジタンをフォローする
ジタンをフォローする
Live happily
タイトルとURLをコピーしました