ワンルーム(1R)の同棲はNG?【バレたら契約違反です】

引っ越し・賃貸
悩んでいる人
悩んでいる人

今住んでいるワンルームで彼女と同棲しようかと考えています。

ワンルームで同棲してもいいのでしょうか?

何か言われてしまうのでしょうか?

 

いまりゆ
いまりゆ

こういった疑問にお答えします。

こんにちは。いまりゆです。

私は以前、賃貸不動産会社で働いていました。

経験を活かして、今回はワンルームの同棲について解説していきます。

 

 

✅ 本記事におすすめなひと

・ワンルームに住んでいて同棲をしようかと悩んでいるひと

・今は実家だが、これから同棲しようと考えているひと

 

 

✅ 本記事の内容

・ワンルーム(1R)の同棲はNG?【バレたら契約違反です】

・ワンルーム(1R)の同棲のメリット

・ワンルーム(1R)の同棲のデメリット

・同棲するなら1LDK以上の部屋がおすすめ!

 

 

同棲をしたいという気持ち・・分かります(笑)

 

ですが、今住んでいるワンルーム(1R)の部屋はあくまでも単身者用の部屋になります。

 

あとあとトラブルになる可能性もありますので、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

 

 

1. ワンルーム(1R)の同棲はNG?【バレたら契約違反です】

ワンルーム(1R)の同棲はNG?【バレたら契約違反です】

 

ワンルームで同棲はそもそもしてもいいのでしょうか?

 

今ワンルームに住んでいるひとで、同棲を始めようとする場合はまず、部屋を借りるときに交わした賃貸契約書を確認してください。

 

1-1. 賃貸契約書に記載がありますので確認が必要です

まず、確認すべきことが、賃貸契約書です。

 

ワンルームでの賃貸契約書ではほぼ単身者(契約者)の入居のみとされているはずです。

 

必ず確認するようにしてください。

 

仮に賃貸契約書に2人入居可能と記載があっても勝手に入居していいという訳ではありません。

 

契約した時のように、入居者の身分証、住民票などの提出が必須となります。

 

まずオーナーさん、管理会社に確認をするようにしてください。

 

 

1-2. 基本的には単身者用にできている

ワンルームの同棲NGが多い理由としては基本的に単身者用に設計されているからです。

 

キッチン、バスルーム、トイレなど同棲することによって劣化も早くなってしまうことが考えられます。

 

また上階、下階、隣に住んでいるのは単身者です。

 

単身者ようのアパートなどに同棲してしまうと話し声や騒音が漏れてしまい、トラブルなどにも繋がる可能性が高いと考えられます。

 

ですので、2人入居NG物件に同棲することは、ほぼバレます。

 

バレて通報されてしまうかしまわないかは近隣の住民によりますが、通報されれば、100%非があります。

 

結局、退去しなければいけないことになりますので、2人入居NG物件に同棲することはリスクが生じます。

 

1-3. ワンルーム(1R)同棲OKもまれにありますよ

上記でも少し記述しましたが、まれにワンルームで2入居OKな物件もあります。

 

全体の1.5~2割あるとされています。

 

これから部屋を探すという方は必ず2人入居する旨を不動産会社に伝えください。

 

ただ物件はだいぶ絞られてしまいますので、あったらラッキーという感じです。

 

二人入居

 

上記のようにチェックをいれれば検索することができます。

 

ただやはりワンルームで2人入居可能物件はすくないので、それでしたら2人入居可能な広さの物件で家賃設定した方が効率はいいですね。

 

 

2. ワンルーム(1R)の同棲のメリット

ワンルーム(1R)の同棲のメリット

こちらではワンルームで同棲するメリットを紹介します。

 

ただメリットに関しては正直1点だけだと思います。

 

それ以外はほぼデメリットです。

 

2-1. 費用を抑えられる

ワンルームの最大のメリットは費用です。

 

ワンルームで同棲をお考えの人はほとんどが費用が理由だと思います。

 

ワンルームだとたしかに費用は抑えられます。

 

1LDK、2DKよりは多少家賃を抑えることはできますね。

 

 

3. ワンルーム(1R)の同棲のデメリット

ワンルーム(1R)の同棲のデメリット

 

メリット少なくてすみません(>_<)

 

ですが、やはり正直デメリットのほうが多いです。

 

3-1. 自分の空間がない

ワンルームでの同棲はもちろん自分の空間はありません。

 

毎日、毎時間同じ空間で過ごすことになります。

 

最初のころは幸せです。

 

ですが、毎日、毎時間一緒だと厳しいですよ(笑)

 

新鮮さがなくなりかねないです。

 

3-2. ケンカしたら逃げ場がない

ワンルームで過ごすことによって些細なことで、ケンカになる場合は多いと言われてします。

 

毎日、ずっと同じ空間にいることで、細かいところまで気になってしまいがちですよね。

 

同じ生活をしていくうえで、生活習慣が違ったり、なんでこんな行動するの?など出てきます。

 

最初のうちはいいですが、ずっとは・・

 

3-3. トイレの音が気になる

ワンルームで同棲しているとトイレも同じ空間にあります。

 

オナラやトイレの音を気にする方は絶対におすすめできません。

 

わざわざコンビニにまで行ってトイレを済ますなんてめんどくさいですよね。

 

まったく気にしない人もひともいるので、そこはひとそれぞれですね(笑)

 

3-4. 起きる時間、寝る時間が違うと毎回起こされる

生活習慣が違う場合はかなり厳しいです。

 

例えばどちらかが、夜勤の勤務があったり、生活時間の違いがある場合はワンルームでの同棲は避けたほうがいいでしょう。

 

最低でも寝室が2つある部屋の方がお互いのためにおすすめです。

 

毎回、起こされたりなど、寝る時間が違う場合はお互いズレが生じます。

 

3-5. とりあえず寝るスペースが狭い

とりあえず、狭いですよね(笑)

 

ワンルームで6、7帖ぐらいですと完全に一人暮らし丁度いいという感じです。

 

寝るスペースはシングル、セミダブルぐらいにしないと他のスペースが取れません。

 

テーブルを置くにせよ、ソファーはなおさら置くのは厳しいですよね(笑)

 

 

3-6. 収納スペースがない

上記に併せて、収納スペースも厳しいですよね。

 

ワンルームで同棲する場合は、別にクローゼット付きでないとやはり厳しいですよね(笑)

 

収納ボックスなど部屋に置いてしますともう何も置けない状態になります。

 

4. 同棲するなら1LDK以上の部屋がおすすめ!

同棲するなら1LDK以上の部屋がおすすめ!

 

上記のこともふまえて、同棲する場合は、1LDK以上の部屋をおすすめします。

 

今人気なのは2DKよりも1LDKの間取りの方が人気が高い傾向があります。

 

1LDK間取り

上記の1LDKの部屋では、リビングスペースもとれて、寝室を4.3帖の部屋にすることができます。

 

万が一ケンカした時は別部屋にすることもできますね(笑)

 

家賃を抑えるという意味では1LDKよりも2DKの方がおすすめです。

 

2DKの間取りは今はあまり作られてない間取りとなり、築年数が古い部屋が多いです。

 

ですので、家賃を抑えるには2DKをおすすめです。

2DKの間取り

上記の2DKの間取りだとだいぶ余裕がでます。

 

別々の部屋がいいというひといるので、そういったひとにはおすすめです。

 

家賃も1LDKより安い場合もありますので、狙い目です!

 

5. まとめ:ワンルーム(1R)の同棲は注意が必要です

まとめ:ワンルーム(1R)の同棲は注意が必要です

 

今回は、ワンルームでの同棲について紹介してきました。

 

何度も言うようですが、契約書に記載がない場合は同棲NGとなります。

 

基本的にはワンルームは同棲NGと思ってもらったほうがいいです。

 

バレてしまい、退去申告を受けるよりは、同棲すると決まった時点で、新居への引っ越しをおすすめします。

 

トラブルも避けられます。

 

これから同棲をしようと思っているひとは十分に注意してください。

 

 

それではこれで今回は終わりです。

【引っ越し】~初期費用を抑えるコツ~詳しくまとめました~
引っ越しに掛かる初期費用を抑えるコンテンツになっています。 元賃貸不動産会社の営業マンが詳しく教えます! ぜひ参考にしてみてください!
引っ越し・賃貸
スポンサーリンク
プロフィール
imry_222(いまりゆ)

群馬県出身/現在は神奈川県在住/2児の父/スポーツ大好き
10年間スポーツショップに勤務▶不動産賃貸営業マンに転職▶子供たちとの時間を増やすために定時帰宅の小学生を対象としたスクール事業に転職。
現在は新規事業立ち上げとマネジメント事業を兼用しています。
30代からWEB知識ゼロでブログを開始(^^)
いままでの経験してきた『転職』『引っ越し』『ブログ』『子育て』に関して発信中です。少しでもお役に立てればうれしいです!

imry_222(いまりゆ)をフォローする
imry_222(いまりゆ)をフォローする
Live happily

コメント

タイトルとURLをコピーしました