【マジウザっ】むかつく転職エージェントに当たったときの対処法を解説!!

転職エージェント むかつく 対処法 転職・ビジネス

転職エージェント利用したのですが・・

めちゃめちゃむかつきました!!(怒)

「態度が上から目線なんだよなぁ」

転職エージェントは利用する価値ありますか??

 

こういった疑問にお答えします。

こんにちは。ジタン(@Imry222)と申します。

私は、2度転職を経験をしており、2回とも転職エージェントを利用しました。

実際に私も、マジでむかつく転職エージェントに当たりましたがなんとか転職を成功させました。

 

転職エージェントを利用してみたものの、「失敗したぁ」「マジでむかつく」といったコメントを多く見かけます。

私もその1人でした。

転職で悩んでいるのにさらにエージェントでも悩まされる・・

本記事では、こういったむかつく転職エージェントに当たってしまった時の対処法を解説していきます。

 

ジタン プロフィール@Imry222

 

 

本記事の内容

むかつく転職エージェントの行動

なぜ転職エージェントはむかつく行動をとるのか

むかつく転職エージェントに当たってしまった時の対処法

それでも転職エージェントを利用すべき理由

おすすめの転職エージェント3選

 

最後まで読んで頂ければ、転職エージェントの本質を理解することができ、今後の転職活動に活かすことが可能となります。

これから転職エージェントを利用しようかなとお考えの方にも参考になりますのでぜひ最後まで読んでみてください。

それではいきましょう!

 

 

【体験談あり】転職エージェントのむかつく行動

【体験談あり】転職エージェントのむかつく行動

あなたは具体的にどういった行動を転職エージェントにされてむかついていますか?

 

私の場合は、大きくは2つ。
上から目線」「条件に合わない求人をどんどん勧めてくる」この2つです。

 

その他に挙げられる転職エージェントのむかつく行動は下記の通りです。

・上から目線

・転職を急かしてくる

・連絡がしつこい

・業界に詳しくない

・希望を無視した求人案内

・そもそも性格が合わない

残念な話ですが、こういった転職エージェントは存在します。

 

上から目線

私が経験したのが、この「上から目線」の転職エージェントでした。

 

30代に入ってから転職した私より年齢は↓
ですが、求職者である私を見下すような態度、発言で面談は全く頭に入ってきませんでした。
正直、途中で帰ってやろうかと思うぐらい・・

 

高そうなスーツを着て、時計もおそらく高いのでしょう。
完全に求職者を見下している態度でした。

 

希望を無視した求人を送ってくる

面談終了後、こちらの希望は伝えたはずなのに、全く希望としていない求人を送られることが多々ありました。

 

営業職で探しているのに、事務職、販売(小売業)、土木など・・
希望してないんだから見る訳ないでしょう・・

 

本当にこういうことがあるんですよね。

 

ノルマなのか、何か送らなければいけないのか分かりませんが、求職者にとっては全く意味のない求人ですよね。

求職者の立場にたって考えられない転職エージェントも存在してしまいます。

 

連絡がしつこい(時間を気にしない)

上記のように求職者の立場にたって物事を考えられない転職エージェントは時間を気にせず連絡をしてきます。

 

平日のド昼間に何回も着信があるんです。

仕事してるに決まってるだろっ!!

 

しかも1回ならまだ許すが2回、3回と着信があります。

同僚にバレたらどうすんだよっ!!

 

メールで送ればいいだけの話です。
こういう気づかいができない転職エージェントは本当にむかつくし、利用したくなくなりますよね。

 

業界に詳しくない

業界に詳しくないエージェントに当たってしまうとこれまた厄介なんですよね。

 

あたかも知っているように話す素振りがみえみえ。

 

私は、不動産関係に転職を希望していたのですが、業界をまったく知らず、ただ希望にあった求人をピックアップしてきて紹介されるだけでした

 

こっちが知りたいのは不動産業界の具体的な仕事内容、評判、年収、どういうキャリアップが見込めるかなどです。

 

おそらくキャリアが浅いエージェントだったのでしょう。
全く使えなかったですね。

 

自分の求人を探すだけなら転職サイトに登録すれば自分でも見つけられるわっ!!」って感じです。

 

転職を急かしてくる

転職エージェントはもちろん転職をさせることが仕事ですが、焦らせて無理に転職されるのはいかがなものでしょうか?

 

転職するかどうか悩んでいる時点での面談でも「転職をする」という前提で話をしてくるエージェントもいます。

 

また、条件にあった求人があれば、書類提出を急かしてきます。

 

こっちにもタイミングというもんがあるんじゃい!

 

どれもそうですが、求職者の立場にたって考えられないエージェントはやはりむかつく行動をとる傾向にありますね。

 

そもそも性格が合わない

『そもそも性格が合わない・・』これはもう、しょうがないとしか言えないですね。

 

生理的に無理という人に人生をかけた転職を任せる訳にはいきませんしね。

 

私の場合はガツガツ系は苦手なので、そういった人が担当者になった際はお手上げです。

 

その他口コミ

ここで、ネット上に出ている口コミも紹介しておきます。

 

あなたや私だけではなく、多くの人が転職エージェントに対して不満を持っているが分かります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ転職エージェントはむかつく行動をとってしまうのか?

なぜ転職エージェントはむかつく行動をとってしまうのか?

ではなぜ、転職エージェントはこういったむかつく行動をしてしまうのか。

 

もちろん理由はあります。

 

① 転職エージェントの資本元は『企業』だから

② 転職エージェントも営業の一種だから

③ 全員がプロとは限らない

④ 複数案件を抱えているので、優先順位がある

大きくこの4つが原因です。

ひとつずつ解説していきますね。

 

① 転職エージェントの資本元は『企業』だから

まず転職エージェントのマネタイズの仕組みを知る必要があります。

転職サイト・エージェント概要

 

基本的には、求職者は無料で転職エージェントを利用できます。

では転職エージェントはどこから報酬をもらうのでしょうか?

 

もちろん紹介(転職が成約)した企業からですよね。

報酬金額は転職者の年収のおよそ30%が一般的ですね。

 

もしあなたが転職をして年収が400万円だった場合は120万円の報酬ということになります。

ですので、もちろんエージェントは少しでも年収の高い企業に転職させることを意識します。

仮に希望していない業種でも、何かと理由を並べて勧めてくることもあるのです。

 

言い方は悪いですが、転職を成功させなければ報酬がゼロなので、経歴、面談の対応などを見て転職が成功する見込みがない人には対応が雑になりがちなのです。

 

② 転職エージェントも一種の営業だから(ノルマあり)

上記に似てしまいますが、言ってみれば転職エージェントも《営業職》なのです。

 

自分の売上、成果を上げなくては収入や評価が下がってしまいます。

ですので、何とか早く転職を成約させたいという思いから、毎日のように電話がしたり、希望していない求人を大量に送ったりしてしまうのです。

会社によっては《ノルマ》もありますからね。

その転職を急かす行為が迷惑に思っているとも知らずに・・

 

私も営業職で働いていましたが、月末にあと1件決めればインセンティブが10万円つく!!

なんてことはザラにあります。

そういった場合は、見込み客にメールの配信、電話掛けなどをして急かしていたことがあります。

見込み客から1人でもいい反応をしてくれればOK!

こんな感じです。

ですから、急いでない人にとってはウザいだけのアプローチになってしまうのです。

 

③ 全員が転職のプロとは限らない

星の数ほどいる転職エージェントですが、“全員が転職のプロではない”ということは知っておいてください。

入社1、2年の新人さんもいれば、業界に詳しくないエージェントもいるでしょう。

 

もちろん、営業なので社内研修などで、ロープレなどは行っているのでしょう。

ですが、知らないことをあたかも知ってますよ!的な態度をとるのはどうでしょう。

適当に流して別の話題に持っていこうとするエージェントは私が経験した中でも3人はいましたね。

明らかに経験が浅く、スキルもないエージェントもいるので、そういった場合は不快に思うことになるでしょうね。

 

④ 複数案件を抱えているので、優先順位がある

転職エージェントは、複数の案件を抱えています。あなただけではありません。

上記のことから、転職エージェントにはノルマもあり、報酬を得るためには転職見込みがある方を優先することが分かると思います。

 

求職者 優先順位

・早く転職したい

・やりたいことが決まっている

・英語が話せる

・資格、スキルをもっている

高い

・転職しようか悩んでいる

・やりたいことがない

・資格をもっていない

・高卒

低い

自分の報酬や評価しか考えていないエージェントはこういった優先順位をつけています。

営業職なので当然と言えば当然なのですが・・

 

見込みがあるお客さんと見込みがないお客さんではアプローチの仕方、注力数は変わりますよね。

ただ、むかつく転職エージェントはこの優先順位をあからさまにわかる対応をするのです。

 

だから求職者はむかつくという感情になってしまうのです。

 

むかつく転職エージェントに当たってしまった時の対処法

むかつく転職エージェントに当たってしまった時の対処法

それでは実際に、むかつく転職エージェントに当たってしまった場合はどうすればいいのか。

 

対処法はあります。
我慢してそのまま利用していくことだけはNGです。

 

転職失敗の原因にもなりますし、ただでさえ転職活動でストレスがたまるのに、さらにストレスがためってしまいます。

むかつく転職エージェントに当たってしまったらすぐに対応することをおすすめします。

 

① マウントをとる

② 担当者を変更してもらう

③ 別の転職エージェントサービスに登録する

④ 有料転職エージェントを利用する

 

① マウントをとる

まず、【マウントをとる】ということです。

これはむかつか態度を取られないようにするための防衛策でもあります。

 

  1. 面談の際は自分の意見(希望)をはっきり伝える
  2. 遠慮はいらない
  3. 合わない求人は速攻で断る
  4. 対応について不愉快なことがあればすぐに伝える

 

上記の4つ意識するようにしてみてください。
そうすれば、不愉快に思うことを少なくすることができます。

 

1. 面談の際は自分の意見(希望)をはっきり伝える

最初の面談の際により具体的に希望を伝えておくと後をスムーズに勧めることができます。

 

例)

・営業には自信があり、しっかり給与に反映される企業に転職したい

・年間休日が120日以上の企業以外は転職しません

・御社からの電話連絡は平日は17時~18時の間でお願いします

 

などなど

予め、明確に指示することによって無駄なストレスを感じることなく転職活動を行うことができます。

 

2. 遠慮はいらない

遠慮なんかいりませんよ!

 

相手も仕事、こちらも人生をかけた転職です。

遠慮なんかしていては転職エージェントの思うつぼです。

 

3. 合わない求人は速攻で断る

転職エージェントが勧めてくる求人にはもちろんブラック企業が混ざっている場合もあります。

エージェントが勧めるから書類選考出してみるかと軽い気持ちで出して、選考に通ってしまえば、面接に行かざるを得ません。
※基本的に書類選考に通った求人は面接に行かなくてはなりません。

 

そのままブラック企業に内定ということもありますので、注意してください。

 

4. 対応について不愉快なことがあればすぐに伝える

不愉快な対応があれば我慢することはありません。
すぐに伝えるようにしてください。

 

希望してない求人が大量に送られてくる

昼間の電話

 

すぐに辞めてください!と伝えたほうがいいです。
伝えなければ営業ですので、毎日続いてしまいます。

 

以上のように、転職エージェントにマウントを取られてしまうとエージェントのペースにはまってしまいます。

ですので、最初からマウントを取り、『求職者がうまく転職エージェントを利用する』というスタンスを作ることが重要になってきます。

 

② 担当者を変更してもらう

担当者を変えられることはご存じでしょうか?

 

基本的には、どの転職エージェントでも変更はできますよ。

 

最近は電話だけでなく、メールだけ変更もできるようになっているので、エージェントに不満があるようでしたら我慢せずに変更をおすすめします。

 

✅ エージェントを変更する際の注意点

・変更理由を隠さずしっかりと伝える

・丁寧な姿勢で変更を伝える

 

担当者を変更する際に雑な態度をとってしまうと、次に担当してくれるエージェントにも悪い印象を与えてしまいます。

 

するとどうでしょう。親身に対応してくれるでしょうか?

ここは怒りを抑えて、丁寧に変更してしてもらうようにしてみてください。

 

◇参考メール◇(コピペOK)

いつもお世話になっております。

転職サポートをして頂いております○○○と申します。

現在、○○○様に担当をして頂き、とても感謝しております。

しかし、転職活動を進めていくなかで、多少の方向性のずれを感じております。

私も、うまく伝えられないところもあり、大変申し訳なく思っておりますが、

可能であれば他のエージェント様にもご意見を頂ければと考えております。

お忙しいところ大変恐縮ですが、何卒宜しくお願い致します。

 

転職エージェントを変更しようと思う方は参考にしてみてください。

 

③ 別の転職エージェントサービスに登録する

転職サービスは多数存在します。

 

その中から1つしか使ってはいけないというルールはありません。
別の転職エージェントの利用を考えましょう!

 

ちなみに・・

転職エージェントを複数利用することで転職成功率はアップすると統計が出ています。

 

転職成功者 平均4.2社
全体 平均2.1社

引用:リクナビNEXT

転職を成功させるには複数転職エージェントに登録することが必須と言えます。

「何回も同じ話をするのめんどくさいなぁ」

と思ってしまいがちですが、転職を成功させるためには必要なことです。

複数登録した中から、あなたに合った転職エージェントのみを利用すればいいのです。
おすすめの転職エージェントに関しては、後程紹介しますね。

 

④ 有料転職エージェントサービスを利用する

転職を急かしてきたり、強引な対応をしてきたりと、むかつく転職エージェントもいる訳ですが、【無料で利用できる】ことが代償となっていることも考えられます。

 

その点、有料転職エージェントは、カウンセリングから求人案内、レクチャー、講義など費用の対価としてサービスが充実、対応が丁寧というメリットがあります。

 

スポーツで言えば、コーチを雇うというイメージですね。

 

有料転職サービスで圧倒的におすすめできるのは、マンツーマンでのキャリカウンセリング【ポジウィルキャリア】 ですね。

お金を払ってでも、いいサービスを利用したいとお考えの方は検討してみてください。
※初回45分無料カウンセリングつきなので、相談だけでも大丈夫です。

詳しくはコチラにまとめてあります↓↓

【やりたい仕事がない人向け】利用すべし!!『ポジウィルキャリアの無料相談』
毎日仕事して、な~んかモヤモヤしたりしていませんか?自分の生き方で悩んでいませんか?そんな方におすすめサービスが登場しました!!自分の今後の生き方を見直したいという方はぜひ参考にしてみてください

 

それでも転職エージェントを利用すべき4つの理由

それでも転職エージェントを利用すべき4つの理由

いかがでしたでしょうか?

ここまでむかつく転職エージェントについて述べてきましたが、

 

こんなにむかつくなら転職エージェント使わないほうがいいかな

 

とお考えの方もいると思います。

 

ですが、転職を成功させるには転職エージェントの利用は必須と言えます。
その理由をまとめていきますね。

 

書類選考が通りやすい

まず1番は『書類選考が通りやすい』ということです。

 

転職エージェントから書類を提出してもらうのですが、そこで【推薦状】というものがあります。
この【推薦状】があると企業側も安心して「じゃぁ会って一度話してみるか」ということになりやすいのです。

 

私の経験では、転職サイトから自分で応募した企業はなかなか書類審査が通らず、何回も履歴書を書いたり、郵送したり、労力がかかってしまいました。

 

もし、転職サイトで自分でも求人を探しているという方は、いい求人があった場合、自分で応募するのではんく、転職エージェント経由で応募した方が書類選考は通りやすいですよ。

 

① 転職サイト、転職エージェントに登録
    ↓
② 自分で合った転職先をピックアップ
    ↓
③ 転職エージェントに伝えて推薦状込みで応募してもらう
 

職務経歴書、面談の対策ができる

職務経歴書の書き方や、面談の正しいやり方、マナーなどネットで調べることもできますが、実際体験してみないと本番では通用しません。

 

私も経験済みですが、いざ面談本番になると、緊張して頭は真っ白・・・

 

「どこに座ればいいんだっけ?」

「何を言わなきゃいけないんだっけ?」

みたいな感じでテンパってしまっていました(笑)

 

転職エージェント利用の場合は、実際に模擬面談といって体験することもできるので、当日の緊張感を軽減することができるのです。

 

また職務経歴書、履歴書の書き方ひとつで印象が変わりますので、レクチャーを受けることができるというのは転職エージェント利用の大きなメリットといえます。

 

業界の内情を知れる

未経験の業界へ転職を考えている方は特に転職エージェントの利用は必須と言えるでしょう。

全く理解していない状態で、新しい業界へ飛び込むの無謀といえます。

不動産、IT、飲食、医療・介護、など業界それぞれの特徴があります。
もちろんネット上にのっていないことも多々あります。

 

また希望している企業の「社風」、「どんな仕事をしているのか」など予め理解した上で転職を決めることができます。

 

転職してから『思ってた仕事内容と違う・・』なんていうミスマッチを防ぐことができます。

 

※上記でも記載した業界に詳しくない、知識がないという転職エージェントだった場合は対応が必要となりますが・・

 

内定後の給与交渉、退職サポートもできる

最後は、内定をもらった後の話です。
内定をもらって、はい、おしまい。ではありません。

 

内定後の給与交渉をしてくれたり、現職の退職サポートもしてくれる転職エージェントがほとんどです。

転職後の給与が今よりも下がらないように、また少しでも年収をあげてもらえるように交渉をしてくれます。

 

実際に私は年収36万円上げてもらいました。

めちゃくちゃでかいです!!

感謝しかなかったですね(笑)

 

おすすめの転職エージェント3選

 

では、結局どこの転職エージェントに登録すればいいの?

 

そうでうよね。最後に私が利用して対応がよく、最後までお世話になってエージェントを紹介しておきます。

 

上記でも述べましたが、転職エージェントの登録は複数登録することが重要です。
その登録したところから厳選して利用していけば、必ずあなたに合った転職エージェントが見つかります。

もちろんすべて対応のいい転職エージェントだった場合は併用して利用していくことがベストですね!

 

おすすめ第1位 『リクルートエージェント』

リクルートエージェント

 

必ず登録してもいいと言っていいほど有名大手の【リクルートエージェント】です。

実績も不動のNo.1を誇る大手です。

 

私自身も転職の際は毎回登録し、内定をもらい就職したのも【リクルートエージェント】です。

 

メリット

・圧倒的な求人数でNo.1を誇る

・国内実績No.1

・「職務経歴書エディター」で簡単に職務経歴書を作成できる

・大手ならでは企業との交渉力が高い

 

デメリット

・エージェントによっては対応が違う

・希望に合わない求人もすすめられることがある

・3ヶ月のサポートと期限が決められている

 

求人数 提案力 サポート力 業界
★★★★★ ★★★☆☆ ★★★☆☆ 営業、IT関連

 

✅ 【リクルートエージェント】におすすめなひと

・転職が始めでノウハウが分からないひと

・やりたいことが決まっておらず、幅広い職種から検討しているひと

・現職が忙しく、なかなか転職活動に費やす時間がないひと

 

実際に私が経験した記事はコチラになります。

【30代転職で年収100万円アップ】リクルートエージェントを使ってみた感想
転職を考え始めてまずやるべきことは転職サイトの登録です。今回は最大手【リクルートエージェント】について感想を踏まえて紹介していきます

>>【30代転職100万円アップ】リクルートエージェントを使ってみた素直な感想

 

求人数No.1、非公開求人数No.1と【リクルートエージェント】は転職を考えるひとにとってはまず登録すべき1社といえます。

 

この【リクルートエージェント】を軸にしてその他サイトも併用して探していくのがいいですね。

 

私は具体的に「この仕事がやりたい!」というのがありませんでした。

そこで、リクルートエージェントに様々な企業を紹介してもらい、選択肢を広げてもらえました。

 

 

 

 

おすすめ第2位 『パソナキャリア』

パソナキャリア

 

パソナキャリア 】の印象としてエージェントの迅速な対応が非常によかったです。

 

こちらの条件、希望を伝えてからすぐに求人を紹介してくれ、違う職種でも新たに提案もしてくれました。
登録しておいて損はないと言えます。

 

メリット

・各業界の専門のアドバイザーがついてくれます

・エージェントの対応が親身

・2020年オリコン顧客満足度No.1を獲得

・高年収求人が豊富

 

デメリット

・求人件数が多くない

・40代以上の求人がほぼない

 

求人数 提案力 サポート力 業界
★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★ メーカー、SE、IT関連

 

ネット上の口コミもよく、さすが『顧客満足度No.1』という感じでした。
迅速、丁寧な対応がよければ、多少、求人数は劣りますが【パソナキャリア】はおすすめですね。

 

✅ 【パソナキャリア】におすすめなひと

・丁寧なエージェント対応を求めているひと

・転職が初めてなひと

・面接に不安を感じているひと

 

詳しくはコチラを参考にしてください。

【感想】パソナキャリアを30代転職で利用した話(メリット・デメリット)
顧客満足度No1の【パソナキャリア】は本当にいいの?私が30代から転職した際に利用したひとつ【パソナキャリア】を感想も交えて紹介します。

>>~本音の感想を伝えたい~【パソナキャリア】を30代からの転職で利用した話

 

 

おすすめ第3位 『doda』

doda

【doda】 は転職サイト、また転職エージェントでもあります。
転職サイト【doda】で探して、エージェントから応募という流れがおすすめです。

 

「選考対策」「年収交渉」までしてくれるサービスなので登録しておいて間違いはありません。
大手企業とあって、公式ホームページが見やすく、様々な転職についての情報を得ることができます。

 

メリット

・SE、IT関連の求人数が多い

・担当者の当たり外れが少ない

・提案求人数はリクルートに次いで2位

・公式サイトが使いやすい

 

デメリット

・求人メールが多すぎてめんどくさくなる場合もある

・3ヶ月のサポート期限がある

・希望条件に合わない求人が送られてくる

 

求人数 提案力 サポート力 業界
★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆ SE、IT関連

 

✅ 【doda】におすすめなひと

・職種が決まっていなく、様々な職種を見たいひと

・転職が始めてなひと

・転職について各企業の情報を得たいと考えているひと

 

【doda】には「転職エージェント」と「転職サイト」の2つのサービスがあります。

 

【doda】を軸に転職をすすめていく場合は「転職エージェント」に登録して、面談日程の調整、方向性の確認などしていったほうがいいです。

 

サブ的な感じで登録して求人を探していくひとは「転職サイト」のサービス登録だけで問題ありません。

 

1日のメール数が一番多かったのは『doda』ですね。

まれにいい案件が混ざっていたので、毎回メールチェックはしていました。

 

実際に【doda】を利用してみた感想はコチラの記事を参考にしてみてください。

詳しくまとめていますので。

【体験談】dodaを実際に使ってみた感想(メリット・デメリット)を報告!
今回は転職の際に必ず登録した【doda】を紹介します。サイトの口コミは悪い印象ばかりですが、実際に使用した感想をお伝えします。

>>転職サイト【doda】を実際に使ってみた感想を報告します!

 

 

まとめ:転職エージェントを利用必須

転職エージェントを利用必須

今回は、むかつく転職エージェントに当たってしまった場合の対処法をメインに解説してきました。

 

転職エージェントの人間なので、もちろん合う、合わないはどうしても起こってしまいます。

ですが、そこで利用を終了させてしまうと非常にもったいないのです。

転職を成功させるには、やはり転職エージェントの利用は必要です。

 

対処法は紹介してきましたので、ぜひ参考にして頂き転職を成功させてください。

それでは今回はこれで失礼します。

次回も、あなたの役に立つ記事を執筆していきたいと思っております!

 

 

 

転職・ビジネス
プロフィール
ジタン

10年間働いた残業地獄の接客業からホワイトな営業職へ転職した30代、2児のサラリーマン。
収入も休日もアップし転職で人生を大きく変えることに成功
年収200万円以上アップ │休日年間30日プラス│残業90時間削減 
この経験を活かして、転職・収入アップについて発信しています。
少しでも参考になって頂ければ幸いです!

ジタンをフォローする
ジタンをフォローする
Live happily
タイトルとURLをコピーしました