複数の転職がキッカケで離婚寸前!?妻の思いを理解していますか?

転職 離婚 転職・ビジネス

転職したばっかりだけど、この会社は自分に合っていないかも・・

また転職しようかな・・

 

こう考えるひとは多いのではないでしょうか?

 

転職をしてみて、いざ働いてみたものの、前職と全く変わらず。
やりがいも感じないし、残業もある。
応募要項とは全然違う・・

 

また転職して新しい自分に合った会社を探そうかな・・

 

ちょっと待ってください!!

あなた一人で決めて大丈夫ですか?

奥さんに相談しましたか?

 

『転職をする』ということはあなただけの問題ではありません。
家族の生活自体も変えてしまうかもしれないのが転職です。

 

実際に私は、転職を反対されることを恐れ、妻に相談せずに転職をしました。

結果、離婚寸前まで話が進んでしまいました。

 

家族崩壊にも繋がってしまう『転職活動』。
今一度しっかり、考える必要があります。

 

✅ 本記事におすすめなひと

・転職を考えている家族もちの方

・奥さんに相談することができていない方

・将来転職しようか悩んでいる方

 

基本的には現在、結婚していて、転職をしようか考えている方向けの記事ですが、まだ結婚していない方でも参考にして頂ける記事となっています。

 

ぜひ本記事を参考にして頂き、転職をキッカケに離婚した・・ということにならないようご注意ください。
私のようにあとになって後悔してしまっては遅いです。

 

 

転職がキッカケで離婚寸前までいった話

転職がキッカケで離婚寸前までいった話

それでは早速、経験談からお伝えします。

 

私は、2回の転職を経験していますが、1回目の転職の際は、妻は賛成でした。

 

小売業で10年間勤務して、収入の低さ、長時間労働ということもあり、逆に「早く転職して!」という状態です。

 

この時、子供2人。上の子でもまだ保育園に通っていて下の子は1歳。子育てが一番大変な時期でした。

 

収入も低く、生活していくのがやっとだったこの時期に、営業マンとして高収入が期待でき、また少しでも早く帰れるようにという思いで転職をしました。

 

ここまでは何も不満はなく、勤務時間も減り、1~2時間ほど早く帰ることができるようになり、また収入も上がり、贅沢はできませんが少し余裕ができるようになりました。

 

問題はこのあとです。

 

働いていくうちに転職した企業が自分に合わないと感じ始めました。

 

上司からの無理難題、プレッシャー、営業ならではのノルマ。
ノルマはないといいつつ、無言のプレッシャーがあり、ノルマがあるようなものでした。

 

私は自然と転職を考えるようになり、転職サイトに登録、求人を見る生活が始まりました。
※1回目の転職をしてから約半年後のことです。

 

この時点で妻への相談はなし。
理由は、相談しても『絶対に反対される』と思っていたからです。

 

私自身は仕事のストレスが家族に悪影響をもたらすから早く転職しようという『勝手な考え』になり、知らぬ間に転職することをプラスに考えるようになっていました。

 

『転職することは家族のためだ』と自分のいいように考えてしまっていたのです。

 

いま冷静に考えれば、この時点で間違ってしまっていたようです。

なぜか『早く転職しなきゃっ』て思っていたのです。

 

それから転職活動を始め、1回目の転職から10か月後に退職、そして新たな企業へ転職をしました。

 

転職後は、一般企業になり、土日休み、18時上がりの好条件。
しかし収入は小売業時代に戻りました。

 

この転職で家族との時間も確保でき、ストレスない会社で前向きに過ごしていける!!と思っていたのですが、この転職をキッカケに妻の態度が一変しました。

 

「なぜ・・???」

 

「家族との時間を取るため、ストレスで家族に当たらないようするために転職したのに・・」

 

妻の気持ちを理解していませんでした。

 

こうして、ほぼ夫婦間の会話も次第に少なくなり、離婚寸前までいってしまいました。

 

以上が、私の経験談です。
長々と私のことを執筆してしまい申し訳ございません。
ですが、本記事を読んで頂いている方にこんな失敗をしてほしくないので、正直に執筆しました。

 

下記では、『なぜこうなってしまったのか』『なぜ妻はここまで思いつめてしまったのか』。
今、冷静に考えて解説していこうと思います。

 

なぜ妻は転職することを嫌がる?

なぜ妻は転職することを嫌がる?

まず大前提に『相談せずに転職活動をすすめた』ことは言うまでもありません。

 

『転職』という大きな決断を家族に相談なしで、勝手に決めてしまったのですから・・

 

ただそれだけではありません。

 

考えられる要因は下記の通りです

年収が下がる可能性がある

今の生活を変えたくない

転職を繰り返すだらしない男と気持ちが冷める

世間体を気にする

下記で解説していきます。

 

① 年収が下がる可能性がある

まずは家族にとって、生活していく上で一番重要な【年収が下がる可能性】があるということです。
転職すれば、ヘッドハンティングやキャリアップでない限り収入は現状維持か下がるかのどちらかです。

 

私の場合は、ブラック企業とはいえ営業である程度の成績も残せ、“インセンティブ”ももらえていたので収入は少なくはありませんでした。

 

しかし、無言のノルマということから解放されたいという思いもあり、事務作業がメインな企業に転職したのです。

 

そうなれば、休日、勤務時間、働き方などの待遇は改善されますが、収入は減ります。
実際私は100万ほど年収が低くなりました。

 

これだけ低くなれば、もちろん生活は変わり、節約して生活していかなくてはなりません。
今後、子供たちが大きくなった時、出費が増えるのにまた一からキャリアを積まなくてはならないので、将来を不安に思ったことでしょう。

 

そんな大事な【転職】を一言も相談せずにしたのですから、怒る、いや呆れるのは無理ないですよね。

 

② 今の生活を変えたくない

次に考えられるのが、【今の生活を変えたくなかった】ということでしょう。

 

2回目の転職の時は、上の子が小学生、下の子は保育園に預けるというライフスタイルになっていたので、妻も平日はパートととして働き始めていました。

 

子育ても夜泣きなどがなくなり、少し余裕ができていたころです。

 

私は、平日休み、妻は土日休み。たまに休みを合わせて家族でお出かけなんてことしていました。
しかし、良かれと思って私が土日休みにしたことで、妻の自由な時間が無くなってしまったのです。

 

妻は土日は子供たちを見つつも、自分の買い物や昼頃までゆっくりしたり、実家に帰ったりと日頃のストレスを発散する日でもあったのです。

 

そこに私が、土日休みとなったことで、妻の自分の時間がなくなり、私に合わせなくてはいけない時間となってしまったのです。

 

相当なストレスが溜まったことでしょう。

 

いままでの、夫婦で休みがずれ、たまに休みを合わせてでかけるというスタイルが私たち夫婦にとっては一番よかったのです。

 

③ 転職を繰り返すだらしない男と気持ちが冷める

正直、私の考えは転職することは悪いことではなく、むしろやる気がでない、自分に合っていないと思う会社で働いているのは時間の無駄と思っています。

 

思考停止で、ただ毎日イヤイヤ仕事に行く・・
仕事中も時間ばかり気にする・・
こんな会社はすぐに転職して自分のやりがいのある、キャリアアップできる会社を探そうという思いです。

 

しかし、妻は私のような考えではないということです。
妻からすれば「転職」=「逃げ」、「転職を繰り返すことはだらしない」ということだったのです。

 

ですので、私が1年もせずに転職したということで、私への気持ちが完全に冷めてしまったのです。
夫として男らしく一度決めたことは貫いてほしかったのだと思います。

 

④ 世間体を気にする

周囲の目を気にするということもあるでしょう。

 

子供がいれば自然とママ友もでき、旦那の愚痴なども話す場があると以前妻が言っていました。
そこで、1年も経たず旦那が転職して周囲からは「大丈夫?」という目で見られてしまう可能性もあります。もしかしたらすでにそう見られてしまっているかもしれません。

 

また両親からもそんな話をされれば、妻もストレス、夫に嫌気がさすのも無理ありませんよね。

 

いま、冷静に振り返ってみて、これだけの影響を与えてしまっていたということが理解できます。
もちろんこれだけではありませんが・・

 

ですが、当時はこんなことは一切考えず、私自身の気持ちだけを考えて行動してしまっていたのです。
いまさらですが・・

 

本記事を読んでくださっている方にはこんな風になってほしくありません。

 

下記では、こんなことに陥らないようにするためにしておくべきことを解説します。
経験者だからこそわかるところですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

離婚にならないように転職するには?

離婚にならないように転職するには?

では、離婚まで発展してしまわないためにどうしたらいいのでしょうか?

 

転職をキッカケに離婚しないように以下のポイントに注意が必要です。

日頃から仕事について話をする

転職活動を始める前に必ず相談する

転職理由はウソをつかず正直に伝える

転職する際の決まり事を決める

転職後の安心感を与える

この5つは必須と言えます。

ひとつずつ解説していきまね。

 

① 日頃から仕事について話をする

日頃からあなたの仕事について話をしていますか?
家に帰ってきてから仕事中の出来事など話していますか?

 

私は、仕事の話は一切にしないようにしていました。
プライドか、またカッコつけていたのか・・
仕事とプライベートは完全に分けるようにしていました。

 

そうなれば、もちろん妻は私の1回目の転職後、具体的にどんな仕事をしているのか、どんな同僚がいるのか、どんな会社なのか全く分からない状態です。

 

そこでいきなり「転職する」となれば、怒るのも当然です。

 

ですので、日頃から、「会社での出来事」、「どんな会社なのか」、「どういった仕事してどんな気持ちになっているのか」を伝えることが大事です。

 

何も分からない状態より、理解してもらえる環境でいてもらうことが重要となってきます。

 

② 転職活動を始める前に必ず相談

転職活動を始める前に必ず相談する

 

上記でも何回もお伝えしましたが、常識中の常識です。

 

転職活動を始め、内定をもらってから相談は意味がありません。
なぜなら内定をもらって相談する段階でほぼ自分の中で転職することが決まっているからです。
言い争いになるだけです

 

『転職活動を始めるまえに相談する!!』

 

相談をするかしないかで雲泥の差がでます。
本記事で一番お伝えしたいことは『転職活動前に必ず相談する』ということです。

 

③ 転職理由はウソをつかず正直に伝える

転職理由も包み隠さず正直に伝えることが重要です。

 

理解してくれるかしてくれないかは別にして、ウソをついてもなんにも意味がありません。

・会社の方針が自分に合わない

・思っていた仕事内容と全然違う

・ボーナスが出なかった

・パワハラ上司がいる

・・など

もしウソついて転職してしまうと、クセになり、またウソをついた転職を繰り返す可能性があります。
それはプラスの転職ではなく、あなたにとっても逃げの転職となってしまいます。

逃げ癖がついてしまうのです。

 

ですので、転職理由をウソで固めるのは控えたほうが今後のためにいいです。

 

④ 転職をする際の約束事を決める

次は、妻との間に『転職をする際の約束事を決める』ということです。

 

どういう事かというと、例えば『年収は400万円以上』『休日は110日以上』『土日休み』など絶対に譲れない条件を決めておくということもあります。

 

妻にも妻の生活、リズムがあります。
子育てをしながら仕事をしているのであれば、ひとりでゆっくりしたいときもあります。

 

また家事を一緒にしていくという約束であれば、残業がない職場に必ずするという風に『約束事を決める』ということが大事です。

 

そうなれば、ある程度妻の理解を得られた状態での転職になるので、離婚まで発展する確率は低くすることができます。

 

⑤ 転職後の安心感を与える

最後は、『転職後に安心感を与える』ということです。

 

転職後の収入、帰宅時間、休みを具体的に提示して『転職しても大丈夫か』と思ってもらう必要があります。
できれば、雇用契約書をそのまま見せて説明するのもいいですね。

 

転職するということは、いまの生活リズムを大きく変えるので不安になるのは当然です。
あなた一人だけの問題ではないのです。

 

『転職する』ということは家族全体の生活を変えてしまうということを肝に銘じることが重要です。

 

まとめ:転職活動前に必ず妻に相談を!

転職活動前に必ず妻に相談を!

いかがでしたでしょうか?

 

偉そうに執筆してきましたが、私自身が上記のことをまったくできておらず、転職をキッカケに離婚寸前までいってしまいました。

 

しかし、この経験をこれから転職をしようとお考えの方に伝えなくてはと思い執筆しました。

 

ちなみに今は、その転職した企業で働いていて、定時上がり、ホワイトな環境で働いています。
年収も、事務作業部から新規事業部に異動し、上げることができました。

ですので、離婚はしていません。会話もするようになりました。
ただ、以前のような仲良し夫婦という訳ではなくなりました。

 

後悔してもしきれません。

 

ぜひ本記事をここまで読んで頂いた読者の皆様には、私のような後悔をしないよう十分に注意して頂ければと思います。

 

家族をもつ者にとって、転職は家族全体の問題に発展します。
ここだけは意識するようにして頂ければ幸いです。

 

それでは、これで失礼致します。
皆様の今後の幸せを願っております。

 

 

 

転職・ビジネス
プロフィール
いまりゆ

神奈川県在住のサラリーマン
ショップ店員時代の超低所得年収250万→500万を達成!
方法は30代からの2度の【転職】と【副業ブログ】
30代から収入を倍にすることができた【転職】【副業ブログ】に関して発信中です。
少しでもお役に立てればうれしいです!
そして私もまだまだ『人生の高み』を目指します!

いまりゆをフォローする
いまりゆをフォローする
Live happily
タイトルとURLをコピーしました