私が転職に失敗したと感じた3つのこと【経験談】

転職失敗 転職・ビジネス
悩んでいる人
悩んでいる人

転職をしようか悩んでいます。

転職を決意した理由はなんでしょうか?

また失敗しない方法はあります?

 

いまりゆ
いまりゆ

こういった悩みにお答えします。

こんにちは。いまりゆです。

私は過去2回転職を経験しています。

ですが、初めての転職(1回目)は完全に失敗しました。

この経験談を紹介します。

転職を考えている方は私みたいに失敗しないようぜひ参考にしてみてください(笑)

 

✅ 本記事におすすめなひと

・これから転職をするひと

・転職をしようか悩んでいるひと

 

今の仕事に不満があり、転職を考えているひとは多いです。

 

今までに転職を考えたことがあるひとはなんと・・81.3%

 

8割以上のひとが一度は転職を考えたことがあるとういうことです。

 

いままではマイナスのイメージがあった転職ですが、今ではポジティブな転職と捉えられるようなってきています。

 

ただ偏見を今でも持っているひとも少なくありません。

 

そんな転職ですが、私は、失敗を経験しました。

 

その経験を紹介し、失敗した理由、注意点などもあわせて解説していきます。

 

✅ 転職を考えた一番の理由とは・・?

1位 給与・・27.0%

2位 仕事内容・・24.0%

3位 人間関係・・22.5%

4位 待遇面・・12.7%

5位 勤務地・・6.4%

※参考:マイナビニュース

 

 

 

 転職を決意した理由

転職を決意した理由

 

まず最初に転職を決意した理由をご紹介します。

 

私自身最初に転職を経験したのが30歳のときです。

 

10年間スポーツショップで働いていました。

 

スポーツが好きで、接客業は自分にも合っていたので、正直辞めたくはない業種でした。

 

それでも転職に至った理由は下記のとおりです。

 

 

1-1. サービス残業の長さ

まず最初は残業代が1銭も出ないということです。

 

私が働いていた小売業は、勤務時間がどうしても長くなってしまいます。

 

営業時間が11:00~21:00まで(>_<)

 

フルタイムで働く場合は9時間勤務(1時間休憩)

 

ですが、オープン準備、閉店作業、発注作業などは時間外でこなすようになります。

 

ですので、9時出勤、23時上がりなどはザラにありました。

 

単純計算で、1日4時間、1か月で120時間にもなります。

 

 

私自身、スポーツの仕事が好きなので正直、働くこと自体は苦ではありませんでしたが、時間外に関しては、残業代をもらうことができませんでした。

 

家族を持つようになってからは、なおさらこのままでいいのかと思うようになりました。

 

おそらく家族を持たなければ転職はしていなかったと思います。

 

家族を持ち、子供ができ、家族との時間を潰してまで働いている残業代が、払われない・・・

 

残業をするのが、バカらしくなりました。

 

 

1-2. 給与が上がらない

次に、給与が上がらないということです。

 

昇給制度はあるのですが、一向に上がる気配がありません。

 

3年間で上がった昇給は5000円・・

 

年間で5000円×12か月=たった6万円(>_<)

 

その間、必死に働いてこれかぁ・・

 

やる気も無くします。

 

今後、マイホームを買って、子供を育てて、学校に行かせて、大学にも行かせてと将来を考えることが怖くなっていきました。

 

このままでは養っていけない・・・

 

そう思いました。

 

1-3. 度を越えた勤務時間

上記でも記載しましたが、勤務時間の長さです。

 

小売業という仕事柄しょうがないということはありますが、さすがに長すぎました。

 

9時出勤、23時上がり、帰宅時間は0時を回ることが多く、休みも月6~7回・・

 

いまりゆ
いまりゆ

毎日、勤務時間が長くて、家に帰ったら寝るだけ。

起きたらすぐ仕事に行くの繰り返しでした。

ほぼ仕事場にいた感じですね。

 

さすが、疲労も溜まります。

 

さらにもちろん世間一般でいう長期休暇(G.W。お盆休み、年末年始)はもちろん勤務します。

 

休みを取れても3、4連休が最大・・

 

辞めたくもなります。

 

さらに家族との時間を重視したいという考えの私は、このままではいけないと転職を決心しました。

 

 

 転職に失敗した3つのこと

上記のことからいざ転職をしたところ、転職先もブラックでした。

 

転職に失敗したなぁと感じたことを下記で紹介します。

 

1. 営業という仕事

2. 休みを取るのに気を遣う

3. お昼休憩もなくなった

 

 

2-1. 営業という仕事

働いていた接客業を活かすため、B to Cの営業マンに転職を決意。

 

話すことが得意ということ、また、給与がいい面で、賃貸不動産業への転職にしました。

 

給与に関しては、完全歩合制ではなく、インセティブ方式で、前職より1.5倍~となり、結果を残すことができた月は2倍以上にもなりました。

 

が、しかし、営業マンという仕事をなめていました。

 

インセンティブがなくても、前職の給与は超えていたので、なくてもいいかと思っていましたが、私の性格上、手を抜くことができませんでした。

 

稼げば、稼ぐほど、休みはもちろんなくなり、たまに取れた休みの日も会社、お客さんからの電話が多数掛かってきて、休める日はありませんでした。

 

子供との時間、家族との時間も増やすためにと転職したはずが、お金を稼ぐだけの転職になってしまいました。

 

この仕事自体は嫌いではありません。

 

お客さんを車に乗せて色々話しながら、部屋を紹介し、契約までしてもらう。

 

ただ前職よりも家族との時間が取れなくなり、本末転倒な転職となってしまいました。

 

2-2. 休みを取るのに気を遣う

転職した企業は、求人募集では、年間休日110日と記載がありましたが、実際は100日もありませんでした。

 

いや取ろうとすれば110日休むことが可能ですが、人手不足のため、休むことができませんでした。

 

休みと取りたい曜日を毎週自己申告制で、なかなか言い出せないということも多々ありました。

 

休みを取れば、別の人が自分の担当しているお客さんのフォローに入るので、最初のうちは申し訳なく、休むことに気を遣っていました。

 

気持ちよく休日をとることができなくなり、休みの日も落ち着かなったり、子供と遊んでいるのにそっけない態度をとってしまったりするようになってしまっていました。

 

いまりゆ
いまりゆ

休みの日に電話がかかってくるのは正直厳しかったです。もちろん苦でないひといますが、私はオン・オフのメリハリをしっかりつけたい派なので、苦痛でしかなかったです。

また子供にそっけない態度をとっている自分に腹が立ちました。

最悪です!

 

2-3. お昼休憩がなくなった

3つ目としてお金を稼ぐなら大したことないと思われるかもしれませんが、お昼休憩を取れなくなったことです。

 

お客さんからのアポイントをなるべく取りたいために時間をお客さんになるべく合わせます。

 

そうすると自然とお昼休憩をとるという概念がなくなってしまいました。

 

そうなると、食のリズムが狂い、夕食を暴飲暴食することになり、体重が1年で10キロ増え、健康面にも影響が出てしまいました。

 

いまりゆ
いまりゆ

入社当時は、62キロで適正体重でしたが、1年で73キロへ。

1日1食になったので、食いだめ的な感じで、ビールとおつまみ、さらにそのあと普通に食事をとっていました。

また給料は上がったので飲みにいける余裕もでき、週1ぐらいでガッツリ飲みに行くようになりました(^-^;

たかが、昼食と思われますが、生活のバランスが崩れることにより、健康面、また精神面で負担が大きくかかります。

 

 

 転職失敗の原因

転職失敗の原因

 

転職失敗の原因は大きく3つかなと感じています。

 

その失敗の原因を下記で紹介していきます。

 

3-1. 転職先の業種の下調べ不足

まず初めに考えられるのが、新しく始める業種の下調べ不足です。

 

もちろん自分の中ではこういった仕事だろうと想像はしていました。

 

ですが、実際に働いている現役の人の意見、また退職したひとの生の意見を聞かなかったことです。

 

ただ、『こういう仕事だろう』という想像だけで、転職をしてしまったことです。

 

ネットの口コミだけを見て、調べた気になっていたのが間違いでした。

 

✅ やるべきだったこと

・転職エージェントを利用して意見を聞く

・現役で働いているひとの意見を聞く

・実際自分が働いてみた想像をする

 

3-2. 転職を焦った

次に考えられる原因として転職を焦ってしまったということです。

 

転職を決意してからは常に早く転職したいというマインドになり、正直仕事中は上の空です。

 

早くこの状況から脱したいという思いが強く、自分の中で『~月までに絶対転職する』というリミットを設定してしまいました。

 

結局、10社ほど、面接に行き、内定をもらったのが、2社だけでした。

 

自分はどこにも必要とされていない・・・

 

こういったマインドになり、自分が本当に行きたい企業ではく、『内定をくれたところに転職しよう』と思ってしまったのです。

 

とりあえず、自分の希望の条件に合ったところを片っ端から面接を受け、内定をもらったところをあとから調べるという最悪のパターンになっていました。

 

結局、自分が設定してしまったリミットがせまり、面接にも疲れ、内定をもらった中で選んで、最後は勤務地とフィーリングで選択しました。

 

最悪のパターンですね。

 

また最悪なことに、●月に退社しますと意思を上司に伝えてしまっていました。

 

これでもう後戻りはできないません。

 

自分で自分を追い込んだことが失敗の一番原因ですね。

 

3-3. 給与だけを重視してしまった

最後に、最優先事項として給与だけを重視してしまったことです。

 

仕事内容、休日、仕事環境ではなく、最終的に給与で勤務先を決めました。

 

そこがブラックとは知らずに・・

 

もちろん、給与を上げたいということも転職の理由のひとつでもありましたが、一番に考えていたのは家族のと時間を持ちたいため。

 

それを当時は、焦りもあり、見誤ってしまっていました。

 

当時の自分に言いたい!

 

『焦るな!家族優先だぞー!』って(^-^;

 

 まとめ:転職には入念な下調べが重要、焦るな!

転職には入念な下調べが重要、焦るな!

 

いかがでしたでしょうか?

 

私のダメっぷりがお分かり頂けましたでしょうか?

 

転職は、人生の中でもターニングポイントになります。

 

成功すれば幸せな人生が、失敗すれば以前よりもマイナスな人生にもなりえます。

 

当時の自分に声をかけるとしたら・・

『給料は上がらないし、勤務時間も長い。早く転職しなよ』

 

『でも、転職自体は慎重に!!』

 

『将来の自分を想像して、自分にとってメリットとなる転職かどうか焦らずもう1回考えろ!』

 

と言いたいですね(笑)

 

それでは今回はこれで終わりになります。

 

参考にならなかったなら申し訳ございません(>_<)

 

ただどうしても失敗前の自分伝えたい内容でした・・

 

 

転職・ビジネス
スポンサーリンク
プロフィール
imry_222(いまりゆ)

群馬県出身/現在は神奈川県在住/2児の父/スポーツ大好き
10年間スポーツショップに勤務▶不動産賃貸営業マンに転職▶子供たちとの時間を増やすために定時帰宅の小学生を対象としたスクール事業に転職。
現在は新規事業立ち上げとマネジメント事業を兼用しています。
30代からWEB知識ゼロでブログを開始(^^)
いままでの経験してきた『転職』『引っ越し』『ブログ』『子育て』に関して発信中です。少しでもお役に立てればうれしいです!

imry_222(いまりゆ)をフォローする
imry_222(いまりゆ)をフォローする
Live happily

コメント

タイトルとURLをコピーしました